第3話 消えた姫

 夜、いつもの部屋でわたしは眠りにつく。

 それから暫くして……。


 コンコンコン

 ノックの音で目が覚めたわたしは、自分がまた真っ白な部屋のベットで寝ていることに気がつく。壁時計は午前3時を指している。


 

 前日と同じように目の前に見えるドアが少しずつ開いていく。


 そこには男が一人。

 真っ白なシャツにズボン。

 最初の日の男と同じようだ。


 わたしも真っ白な裾の長いネグリジェを着ている。


 男は言う

「そのまま聞いてください」


「姫の行方は、ようとして知れませんでした。王は勿論のこと、母である妃はショックのあまり倒れてしまいました。付近の森や湖まで、ありとあらゆる手を尽くして、国民全員での懸命な捜索は続きました。それでも姫は見つからないまま、それから5年が過ぎました」


 男はそこまで話すと、お辞儀をして、それから開けた時と同じ様に、ゆっくり、静かにドアを閉めた。


 気がつくと、朝の光が差し込んでいて。


 わたしはいつもの部屋で目を覚ましていた

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます