新天地へ

――その刹那、私の体は軽くなった...いや、上に乗っていた人がいなくなったのだ。

「どうしたの?ルナちゃん。急に...ルナちゃん!?」

私は目を開けると、ルナはそこにいなかった...急いで辺りを見渡すと数メートル先にルナは倒れていた。何が起こったのか分からなかった私は、ガルダの方に目を向ける。ガルダは私の方へ戦闘体勢でいた。

いや、違う。私の後ろに何かいる!?

私が振り向くと…

―――パチン

その瞬間、イレイナは今まで感じたことのない浮遊感を味わった。

戦いの後だったこともありイレイナは耐えきれなかった。薄れていく意識の中見た光景は人間のようなシルエットと石造りの壁だった。



「おい!そっちに行ったぞ!」

鬱蒼と茂った森に青年の声が響く。

だが返事はない。あるのは生物が地を駆る音とざわめく葉の音のみだった。

「おい!」

青年が苛立ちと焦りで怒鳴る。

するとようやく返事が返ってきた。

その返事は、生物が絶命する音だった。


「なあ、喋る事出来ないのかお前。」

横たわる巨体の傍に佇む男に青年は苦言を呈した。

青年はその男をあまり知らない。

考えてみればその男はおかしな風体だった。

背丈は高く、しかし屈強とは言い難い細身。

そして何より黒いローブを羽織るだけで鎧の類は身につけていなかった。

かという青年はこれでもかと言うほどガチガチに、堅く装備を固めていた。

まあ、そのせいで横のモンスターに追いつけなかった訳だが。

「喋るのは余り好きじゃない。」

男は低い声で拒絶した。続けて、

「第一、急にモンスターを狩るといいだしたお前に合わせられるか。俺はお前ほど手癖が悪くない。」

と、続けて文句を言う。

「めちゃくちゃ喋るじゃねえか!というか名前教えたんだからお前って言うな!」

青年の怒号に男は黙る。

沈黙が数分続き、耐えきれず青年が口を開いた。

「アグラヴェインだ。」

「忘れた訳じゃないんだがな。」

即答され、青年はさらに憤慨した。


「で、これからどうするんだ?」

場面は夜に変わり、2人は仕留めたモンスターを食していた。

「人が住める場所を探る。」

男はまたも即答する。

「そういうおま――アグラヴェインはどうするんだ?」

「外を冒険した事を記録するんだ。そうすれば地下のヤツらに一目置かれるだろう?」

そうか――。男は気にもとめずそう淡泊に応えるとまた口を噤んだ。

しばらくの間沈黙が続き、男は立ち上がった。

「便所か?」

アグラヴェインの質問を男は沈黙で答えた。

茂みに入っていく男の背中を見ながら、アグラヴェインは腹を満たした。


食事も終わり、就寝の準備をするが男は帰ってこなかった。

「遅いな、あいつ。」

寝袋を出しながら独り言ちる。アグラヴェインは疑問を持ちながらも心配はしていなかった。男の腕を信用していたのだ。

「そういやあいつの名前なんだっけ。」

身体を半分寝袋に入れながら呟くと、

「ヌル、だ。お前が忘れてどうする。」

「うわぉ!」

暗闇からの声にアグラヴェインは飛び跳ねた。そして急に喋るな、と理不尽な事を口にし、ヌルと名乗った男は心底呆れていた。アグラヴェインは暗闇のせいか気付いていなかった。ヌルがとある少女を肩に背負っていた事に―――。


当然朝にアグラヴェインが焦りながらヌルに聞いた。

ヌルは道に落ちていたと説明するがアグラヴェインは聞く耳を持たず、果ては誘拐をしたのではないかという濡れ衣まで着せにかかったという。



「お前がどんな趣味を持ってようが構わないが、どうしてこんな真似したんだよ!」

「…ん」

イレイナにとって、目覚めのいい朝なんて万に1つもない絵空事だった。今回も例外ではない。どころか、普段以上だった。最悪と言ってもいい。

聞き覚えがない声質の怒声とかんかんに照りつける太陽光線に強引に起こされる。

「寝心地が悪すぎる。身体痛いし……あ!でも、太陽のいい匂いがする!まあ、あれってダニが死んだ匂いらしいけど!」

人生において聞きたくなかった知識上位に入るトリビアを披露しつつ、ようよう意識を覚醒させ周囲の状況を確認する。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます