異界伝

弥生奈々子

はじまり

空にはドラゴンが飛び、地にはゴブリンやスライム、海には巨大イカなどたくさんのモンスターが存在する。

そんな世界で人間は立ち向かえずに地下に住む人がほとんどだった。

しかし、そんな世界に立ち向かおうとする一人の冒険者がいた。

その冒険者の名は、イレイナ。地下での暮らしは貧しく、地下にいる弱いモンスターなどを主食として生きていた。

「もっと広い世界を見たいの、こんな狭い地下で終わりを迎えるなんて嫌なの。だから私行くね。」

そう今は亡き両親に告げイレイナの旅は始まった。

弱いモンスターと言えどこれまで幾多のモンスターと戦ってきたイレイナはそれなりにレベルも上がっていた。

弓を背中に担ぐ。鍛えているといえど生き抜く為に育てた身体だ。重い剣を振り回す程の筋力はない。

必然的に手荷物も少なくなった。軽装で地上に上がるなど自殺行為だと止められたがこの弓を見せて脅し、無理矢理地上に上がった。

広がる世界を見てこの選択が正しかったと再度確認する。

天に届く程の木と、木漏れ日に気分が高揚する。

―――さて、無理矢理出てきてしまったのだ。外の世界で仲間を探すしかないのだが。

『人の気配どころかモンスターすら…居なくない?』

誰に聞くわけでもなくただ独り言ちた。

「いったい何故だろう……」

少し考えれば分かりそうなものだが、学問を修めることすら出来なかったイレイナにはそれすらわかる由もなかった。

だからこそ、不思議に思いながらも敵のいない地上を悠々闊歩する。

まさに今、背後には異変の原因が潜んでいるとも知らずに――

「ふぅ、モンスター居なくて良かった」

幾多のモンスターを倒したイレイナにとっても、やはり命懸けでやっていたことだ。安全に越したことは無い、とこれから先起こることを考えられ無いイレイナは目標を再度確認しながら歩もうとしていた。

まずは、仲間を探そう!なるべく真っ直ぐな木の枝を探し拾った。自分で言うのもあれだが私は運がいい!

根拠のないことを思いながら、木の枝を立て倒れた方向を確認して進んで行くイレイナであった。

歩くこと数時間

「おかしい…もう生き物と出会っても不思議ではないのに…まさか、この棒がモンスターを避けているとでも言うのか。さすが私、運がいいわ」

そう思いながらも日は落ち始め、イレイナは初めての野宿と地上での生活に不安がいっぱいだった。

野宿の準備を始め薪に火をつけたとき、少し遠くから異様な視線を感じた。

イレイナは深く考えることもなく視線の方へ向かっていくと、そこには今まであったモンスターとは違う、人に近いシルエットをしたモンスターがいた。

そのモンスターはこちらを見ながら呟く。

「はぁ、気づかれてしまったか。火を見ると力が少し入ってしまう。まぁいい、こいつから吐かせたほうが簡単だからな」

イレイナはいきなりの事で困惑していたのか、モンスターの攻撃に反応できず、そこで意識はなくなっていた。

気がつくとベットに寝かされていた。ここは何処だろう?そんなことを考えていると部屋のドアから女の子が出てきた。

「やっと、目が覚めましたか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます