第3話 嫌われっ娘はクラスに憚る

 私を睨みつけている彼女、如月きさらぎ雲母きららはいわゆるいじめっ子だ。知能犯で、しかも大企業の会長の孫とかで学内カーストでは最上位に君臨しているのだから始末が悪い。


「あらごめんなさい。ちょっと手が当たっちゃった」


 謝罪とは思えない謝罪の言葉を残して去っていく雲母。彼女は私の事が大嫌いみたいだった。なぜなら、お金持ちのあの子でも手に入れられないものを私が持っているから。それは視覚支援アンドロイドのマナだ。

 雲母からすれば、マナは手に入れることができない大変高価なお人形。そして、マナを大親友として可愛がっているのも気に入らないらしい。アンドロイドは道具。彼女からすれば人間に奉仕させるのが当然で友達関係なんかあり得ないそうだ。

 

「また悪口が記載されています。どうしますか?」

「ログの記録だけお願い」

「わかりました」


 マナにはネット上の情報を監視してもらっている。

 これは、雲母が主催するクラスの裏SNSでの話。雲母と、雲母の取り巻きが構成員なんだけど、その情報は私に筒抜けなんだ。


 マナは物凄い高性能。なんでも、どこかのレスキュー隊に配属されている有名な娘の姉妹モデルで、宇宙船のワープ航路とかを一瞬で計算する凄い機能を持っている。でも、ここではそんな計算はしないから、私の身の回りを見張ってくれているんだ。

 おかげで私はいじめに被害にはほとんど遭遇しない。これもマナのお陰だと思う。

 以前、教室の机に酷いいたずら書きをされたことがある。その時マナは、ペンの種類や指紋、筆跡から犯人を特定した。もちろん雲母だったけど、彼女は別の娘を身代わりに自首させた。学校側はそれで解決したと思ってるんだけど、私は納得できなかった。ニヤニヤしながら、これっぽっちも悪い事したと思っていない別の娘に謝罪されて納得するわけがない。

 その後、私へのいじめはネット上での悪口になった。

 委員長主催のクラス専用SNSが主な戦場だったのだけど、私はそういうのを殆ど読まないし書き込まない。だから、何回火をつけても炎上しなかった。

 私の悪口を書くのは面白くなかったのだろう。次は、私の周囲の人たちへと攻撃対象は変わっていった。

 幼馴染の豊介や友人の由紀子や紀里香も悪く書かれた。豊介も、彼女たちも嘘はやめてと必死に戦っていたみたいだけど、それは火に油を注ぐようなものだった。彼らは、私から離れたら平穏になることを覚えた。そして私の周りにはマナだけが残った。

 私は元々集団であれこれするのは性に合わないから、一人ぼっちの方が気が楽なんだ。もちろん面白くないのだけれど、私の周りが殺伐とするよりはずっと良いと思っていた。

 そんな時、マナが裏サイトを見つけた。彼女にかかればこのレベルのSNSならセキュリティは無いのと同じなんだって。

 そこでは事前に計画が立てられ、足を引っ張ったり弱みに付け込む材料が集められていた。これって幽霊の正体見たり枯れ尾花みたいな気分かな。“情報収集→作戦立案→実行”の流れが手に取るように分かった。

 私も最初は興味津々で追っかけてたんだけどすぐに面白くなくなった。だって、女の子なら恋の話とか、おしゃれなんかに興味があるでしょう。だけど、延々と揚げ足取りや悪口言うのはすぐに飽きてしまう。


 食事を済ませた私はマナと右舷側の通路を歩く。外が見えるようになっているんだけど、大体何も見えない。船内が明るいから星はほとんど見えないんだ。


 そこへ由紀子が走って来た。


「マナちゃんに来て欲しいの。部屋の鍵が開かなくなっちゃって」


 マナは私の顔を見る。

 私は頷いた。


「良いよ。行ってあげて」

「ここで待っててください」

「うん。早く帰ってきてね」


 私の言葉に頷いたマナは、私の手を放して行ってしまった。

 途端に視界は暗転し何も見えなくなる。


 ちょっと不安になったけど私は自分に言い聞かせる。

 いつもの事だ。

 問題ないと。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます