アルカンシエルの向こうには

作者 まろん

49

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても読みやすい文体で、テンポよく展開が進むので、マンネリ化せずどんどん読み進めました。

同じ『アルカンシエル』という言葉を使った作品だったので、気になって読んでみたのですが、自分とは違う風に『アルカンシエル』という言葉を捉えていて、とても面白いと思いました。

ホッと温まるラストで思わず「この作品、好きだわ」と思いました!
これからもいい作品、楽しみにしています!

★★★ Excellent!!!

月夜葵こと「アオ」はひょんなことから、朝凪雅こと「マサ」と出会う。

プロローグは、王道で出会いの描写や、勉強シーン、恋もドキドキしながら、触れるか触れないかの距離感がまた初々しくて、とても読みやすいです!

それに青春っぽくて、暖かくて輝いていて「こんな青春の物語を描けるのは、やはり現役だからだろうか?」と、自分の年齢にがっくり(笑)きながらも、読み進めていくと、まさかの展開が彼女たちを襲います。

個人的にとても好みで、最後のエンディングは心の底から良かったと感じました!
ハッピーエンド、それともバッドエンドなのか、それを知るのはこの作品を読んでからのお楽しみです!