「短編集」

作者 蛙鮫

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 「羽根」へのコメント

    とても想像力に満ちた作品でした。
    もちろん、作品に対する作者様の想像力もですが、読み手に考えさせる想像力もそうです。

    短編にも色々なタイプがあるとは思いますが、面白い作風とも感じました。

    作者からの返信

    ご感想頂きありがとうございます。
    これからも頑張ってまいります!

    2020年4月25日 00:24

  • 「Fly on the Sky」へのコメント

    蝉の一生をここまで緻密な描写で描く、高い文章力に脱帽しました。個人的にこういう地の文好きなので、凄い引き込まれました。

    ″先ほどまで押し殺していた感情の波が、栓を抜いたラムネのように吹き上がる″

    この表現もとても良かったです。
    素敵な作品読ませて頂き、ありがとうございました。

    作者からの返信

    ありがとうございます😊 これからも精進します!

    2020年4月22日 09:18

  • 「Fly on the Sky」へのコメント

    序盤で闇って単語が多すぎてゲシュタルト崩壊しました。おそらく蝉の話なんだろーなーと思って読み進めていたのですが、うーん、主人公の持つ疑問にはさっぱり共感できませんでした。とりあえず似たような話を書いている人がいたんですがあの人上手だったんだなぁと思いました。

    作者からの返信

    ご感想お聞かせ頂きありがとうございます。ご意見を参考にして序盤の方を,書き直して見ます。

    2020年1月29日 01:15

  • 「羽根」へのコメント

    いいですね。
    素晴らしい表現力と想像力でした。
    うまく表せませんが、二作続けて作品からメッセージを受けとりました。
    儚げな必然性を、最初は重たく、ラストに向け明るく、そう書かれているように感じました。

    内容とは別の話ですが、
    作品として不自由なところが、短編のクセになるところですね。

    作者からの返信

    お手に取って頂きありがとうございます。メッセージが伝わって何よりです。これからも精進して参ります!^_^

    2020年1月26日 18:42

  • 「Fly on the Sky」へのコメント

    緊張感のある出だしですね。
    読みながらドキドキしました。

    作者からの返信

    ありがとうございます😊

    2020年1月18日 19:24

  • 「Fly on the Sky」へのコメント

    Twitterで作品を紹介してくださりありがとうございました。

    どちらの作品も読みました。
    個人的にこちらの作品をより気に入りましたので、こちらに感想を書きたいと思います。

    最初はなにかファンタジー的な、もしくは囚われた人々にスポットを当てた作品なのかと思って読んでいました。しかし読み進めるうちに主人公が“何”なのかがわかっていく、この文章構成に引き込まれました。
    主人公のような存在を短い一生の象徴として取り上げることは珍しくないと思いますが、その書き方に独特な視点があって面白かったです。

    これからも応援しています。
    頑張ってください。

    作者からの返信

    ご感想頂きありがとうございます!
    これからも精進してまいります!

    2019年12月1日 14:48 編集済

  • 「Fly on the Sky」へのコメント

    胸が痛くなるようなラストでした。
    学生の頃に読んでいたら、きっとあまり感情移入できなかったのではないかと思います。少しだけ人生経験を積んで挫折や別れを経験した後なので、主人公に自分を重ねてしまい切なくなってしまいました。そしてもっと年をとった時に読めば、さらに違う感想を持つことになるのではないかと思います。こういったお話を書くことができるのは素晴らしい才能だと思います。
    私は改行は無い方がこのお話には向いていると思いました。頑張ってください。

    作者からの返信

    ご返事ありがとうございました。
    確かに歳を重ねて、はじめて分かるお話はありますよね。

    2019年11月27日 01:44

  • 「Fly on the Sky」へのコメント

    具体的な説明無しにここまで想像させられたのは久しぶりです。自由とは何か、生きとし生けるものの使命とは?息を呑むラスト。胸の高鳴りが止みません。

    作者からの返信

    ご感想頂きありがとうございます!
    これからも精進して参ります!

    2019年11月15日 05:26

  • 「Fly on the Sky」へのコメント

    雰囲気がやばくて、人を引き込んでみるっていうやり方がうまいなーと感じます。クールガイって名前もクールだし、物語の中にでてくるすべての情景が、雰囲気をより濃厚にするのにマッチしています。自由についてとか、繁殖が欠けているけど本能として……とかいうくだりはやっぱりキャラを通したり物語を通して、誰でも知ってみたいことだと思うし、きっと作者さんもそれを探しているのだとオモイマシタ。みんな創作者はサガシビト。というわけで、頑張ってください!

    作者からの返信

    ご感想頂きありがとうございます!
    誰しも自由を求めて,その中で様々な葛藤するもんですからね。物語を通して,読者様に伝わっていただければ光栄です。^ ^

    2019年10月26日 19:24

  • 「羽根」へのコメント

    タバコを羽根に例える、というのが良いですね。
    メッセージ性も垣間見え、読後に余韻があります。

    気になった点として、重点を置くべき箇所に、工夫をしてください。
    もっと空行や改行を効率よく活用してほしいです。

    特に、「きっと俺にとっての羽根はタバコだ」
    この一文は後の展開的に重要な文章表現ですよね。
    この一文だけ前後に空行を置かせたり、傍点を置いたり、際立たせてください。
    そうすれば、物語により入り込みやすくなると思います。

    作者からの返信

    立て続けにご指摘頂きありがとうございます。文の配置場所にも気をつけるようにします。

    2019年10月17日 22:31

  • 「Fly on the Sky」へのコメント

    語彙と比喩表現に溢れた、高い文章力ですね。
    叙情的で、幻想的な雰囲気で満たされた物語でした。
    ラストも余韻を持たせ、考えさせられるような終わり方で心に残りました。

    気になったのは、文章表現が丁寧すぎて、ややくどく感じてしまい、比喩表現の巧みさから少々目が滑る点ですかね。
    わかりやすさと、誤魔化すように表現する文章のバランスを考えれば、良くなると思われます。

    作者からの返信

    ご感想頂きありがとうございました。確かに文章が安直だったかもしれませんね。

    2019年10月17日 22:29

  • 「羽根」へのコメント

    ツイッターから来ました。
    一話と合わせて、彩りがあってずっと読んでいたいと思わされる文章でした。短編ならではの構成を存分に見せてもらいました。

    作者からの返信

    ご感想頂きありがとうございます!
    次もご期待添えるような作品を執筆出来るよう尽力します!

    2019年10月13日 08:43

  • 「羽根」へのコメント

    主人公の居場所がいつか見つかることを願います。
    文体もとても読みやすかったです。

    作者からの返信

    ありがとうございます.これからも精進して参ります!

    2019年10月10日 13:28

  • 「Fly on the Sky」へのコメント

    初めまして、冷たーいお茶です。
    読んでいくうちに主観となっている人物?が明確になっていくのがとても面白かったです。また生物としての宿命、生きたいと願う自我との葛藤も素晴らしかったです。
    これからも頑張ってください!

    作者からの返信

    ありがとうございます! これからも邁進して参ります!

    2019年9月29日 22:01

  • 「Fly on the Sky」へのコメント

    改行で流れが切れているところが見られます。物語の流れにしたがって切るようにしたらもっと読みやすくなります。

    ぷつりぷつりと流れが切れているのが惜しいです。あと、使い方を間違えている熟語もいくつかあります。

    それと、助詞、助動詞の選び方にも気を付けた方が良いと思います。

    叙情的で、雰囲気の良い文章だと思います。これからも頑張って下さい!

    作者からの返信

    ご指摘頂きありがとうございます! これからも精進して参ります。

    2019年9月26日 12:15

  • 「Fly on the Sky」へのコメント

    改行等、入れてください…もったいないです。

    蚊のような羽虫は切ないですね。人によって不運な死を迎えるものもあれば、鳥に食われるものもありますし。強いものが生き残り、子孫を反映させていく生存社会が描画から垣間見えました。

    強いもの、とりわけ運が強いものが生き残る。

    ラストではそんな弱肉強食の力強さが目を引きました。

    作者からの返信

    生まれたその瞬間から不平等は始まりますからね。それに抗うも享受するのも当人次第ということです。
    あと、ご指摘ありがとうございます。改行等も編集していきます。

    2019年9月17日 22:37 編集済