27. 何が目的なの?

 呼び出された場所は廃寺となった寺だった。

 大きな楼門は古びており、ところどころ塗装が剥げている。昔は立派な門だったらしく、手の込んだ彫刻の名残があるが、今ではほとんど風化で当時の姿形はあやふやだ。

 門を抜けた砂利道の先を歩くと、一人の男が空を見上げていた。

 羽織に着物をまとった男は、絃乃が近づくと、ゆっくりと振り返る。


「あなたは……雛菊の婚約者の……」


 私服姿ということは、今日は非番の日なのだろうか。


「覚えていてくれたんだね。でも、本当に用があるのは君じゃないんだ」


 朽葉くちばは人のいい笑みを浮かべているものの、その瞳は笑っていない。


「どういう……こと?」

「もうじきわかるよ」


 彼はしきりに小径の先を気にしている。

 そこに一体、何があるというのか。背後に意識を集中するが、誰かが来る気配はない。

 絃乃は荒れ果てた寺の建物を見渡し、首を傾げる。


「朽葉さん。雛菊は一緒じゃないの?」

「彼女は家にいるよ。今ごろ、婚儀の準備を進めているんじゃないかな」

「私を呼び出した理由は? 弟のこと、何か知っているんですか?」


 尋ねると、朽葉は困ったように両手を広げて、肩をすくめてみせる。


「君の弟には煮え湯を飲まされたよ。とうに死んだものだと思っていたのに、まさか生き延びていたとはね。しかも偽名を使って、この洛中に戻っているとは。初めは半信半疑だったけど、君たちの会話を聞かせてもらって確信が持てたよ」


 吐き捨てるような声に、絃乃は彼の本性を見た気がした。


「会話……? 一体いつのことを言っているの?」

「神社で話していただろう。偶然、そこに私も居合わせていたんだ。思いがけず、僥倖に恵まれたよ。諦めていた唯一の手がかりが、やっと手に入るんだからね」


 この人に葵を渡してはならない。そう直感が告げる。

 会話の主導権をどうにか取り戻さなければならない。絃乃は薄く息を吐いて、慎重に言葉を選ぶ。


「……何が目的なの?」

「うちの実家は資金難で困っていてね。私がそれの埋め合わせしているんだ」

「埋め合わせって……警官をしているんでしょう。どうやって大金を稼ぐの?」

「いい質問だ」


 そこで言葉を切り、朽葉は満足そうに笑いかける。


「お嬢さんは、怪盗鬼火は知っているかい?」

「知っているわ。資産家から金目のものを盗む悪党のことでしょう」

「……私には裏稼業があってね。それが怪盗業なんだ」

「は?」


 聞き違いであってほしいと願ったことは、どうやら真実だったらしい。

 朽葉は誇らしげな顔で説明を始める。


「誰も警官が怪盗をしているとは思わないだろう? だから、意外と仕事もしやすいんだ」

「……あなたが……怪盗鬼火?」

「いかにも」


 絶句した。今まで信じてきた根底が覆されて、足元がぐわんぐわんと揺れているようだ。けれど、彼に聞きたいことはまだある。

 絃乃は困惑をため息をとともに吐き出して、朽葉と視線を結ぶ。


「市民を守る警官が悪事に手を染めていたというの? そんなの、荒唐無稽よ」

「好きでやっているわけじゃない。本当にお金に困ったときだけだよ」

「理由なんて関係ないわ。犯罪は犯罪でしょ。どう言い繕ったって、言い訳を認めるわけにはいかないわ」


 どれだけ言い訳をしても、今までしてきた悪事が消えることはない。

 しかし、絃乃の説得は何一つ心を揺さぶることはできなかったらしく、朽葉は片手を腰にあてて悠然と笑ってみせる。


「最近は怪盗業よりも、もっといい仕事も始めたよ。ご令嬢と引き換えに大金が転がり込んでくるというものでね」

「なっ……じゃあ、連続令嬢誘拐事件もあなたの仕業?」

「そういうことになるね。君には一度逃げられてしまったが。まあ、今はいい。もっといい儲け話が出てきたんできたんだから」

「……どういうこと?」


 話の出口がわからずに聞き返すと、朽葉の笑みが深まる。


「この前、カフェーである紳士と酒飲み比べをしてね。彼は華族の出で、どうやら一族に隠している財産があるらしい。今より六年前、その隠し場所を息子に託したんだそうだ。息子は夜中に一人出て、言われたとおりに誰にも見つからない場所へ隠した。その帰り道、不運にも怪盗鬼火の正体を見た」


 嫌な予感に背筋がスッと冷たくなる。すべてのピースがそろったのに、その事実をすぐには受け止められない。

 絃乃は震える唇を開いた。


「……まさか……それで、弟は姿を消したというの?」

「子供とはいえ、素顔を見られてしまったからには生かしておけないからね。口封じをするつもりが、崖から落ちたため、仕方なく諦めたんだ。その後、実家では行方不明騒ぎで、結局遺体も見つからなかったから、きっと助からなかったと思っていた」


 でも、と朽葉は言葉を続ける。


「幸か不幸か、彼は生きていた」

「…………」

「けれど、彼も賢い子だった。怪盗鬼火の正体を世間に言いふらすこともなく、実家に戻ることもなく、息をひそめるように市井に紛れ込んでいた」


 その間、弟は家族に頼ることもなく、一人きりで苦労をしていたに違いない。


「葵は言っていたわ。……俺は狙われているって」

「今では、生きていてくれてよかったと思っているよ。唯一の証言者だからね」

「そして……用事が終わったら殺めるの? 私と一緒に」

「話が早くて助かるよ」


 朽葉はなんでもない顔で拳銃を取り出した。その銃口の先を向けられ、さすがに手足がすくむ。だけど、それを気取られるわけにはいかない。

 絃乃は気力を総動員して口を動かし、朽葉の良心に訴える。


「あなた、雛菊と結婚をするつもりなのでしょう!? そんな血塗られた手で彼女の手を握るつもり? あなたには罪悪感というものがないの!?」

「そんなもの、とうの昔に捨ててしまったよ。正義感だけで警官は務まらない。君が思っているより、汚い仕事もしなければならない。良心は邪魔なだけだ」


 銃口がちらりと視線をちらつく。


(私もここまで……かしら)


 なんとか逃げる隙を探すが、警官が本職の彼から逃げられる展望が思いつかない。


「絃乃さんを解放してもらいましょうか」


 降って湧いたような声に振り返ると、入り口に詠介の姿を見つけた。焦ってここまで来たのか、少し息が切れている。


「え、詠介さん? どうして、葵が来るはずなんじゃ……」

「彼はここには来ませんよ。僕だけです」


 その言葉に真っ先に反応したのは朽葉だった。


「話が違う! 葵をおびき寄せるために、姉である絃乃を餌にしたんだ。貴様、一体何をした?」

「何って……葵くん宛ての手紙を先に読んだだけのことです」


 飄々と詠介が答えると、それまでは余裕を保ってきた朽葉が歯がみした。


(どうやら予定が狂ったみたいね……あとはどうやって、彼を追い詰めるかだけど)


 目線で合図をすると、詠介がわかっているように小さく頷く。だが、安心したのもつかの間、第三者の声が思考を乱す。


「姉さん、詠介兄さん。……ごめん」


 息せき切ってきたのは葵だった。本命の登場に朽葉は余裕を取り戻し、両手を広げて歓迎する。


「やあ、探していたよ。白椿葵くん。いや、今は須々木葵くんだったかな?」

「姉さんを解放してください」

「いいだろう。でもその前に、隠し財産の場所を教えてもらおうか」

「…………」


 葵が逡巡するような間を置き、絃乃は声を張り上げる。


「だめよ、葵。この人は全員を始末するつもりなんだから」

「……静かにしてもらえますかね。それとも自分の立場がわからないとでも?」

「…………」


 銃口を向けられたまま、朽葉を見つめると、葵がため息をついた。


「隠し財産がほしいならあげるよ。だけど、姉さんを無傷で返してもらうのが条件だ」

「危害を加えられたくないのなら、先に隠した場所を吐いてもらおうか」


 緊迫した状況の中で、葵は胸元から筒状のものを取り出して、朽葉の足元に投げる。それを見下ろし、朽葉が怪訝な声を出す。


「これは?」

「お前が探していたやつだよ。あの場所に行っても何もない。数年前に掘り起こしたんだから。さあ、約束だ。姉さんを解放してくれ」


 朽葉が銃口を下げ、巻物を手に取る。

 だがまだ安心はできない。獲物は今だ朽葉が握りしめているのだから。絃乃は逃げ出したい衝動を抑え、葵と詠介を交互に見つめる。

 二人から心配の視線を向けられ、逃げ出す隙を窺う。

 しかし、朽葉は巻物を胸元にしまい込むと、再び拳銃を構えた。


「……確かに受け取った。だが正体を知られたからには生かしておけない。三人とも、そこに一列に並んでもらおうか」


 詠介と葵が両手を挙げ、おとなしく絃乃の横に立つ。並んだ三人の顔を順番に見て、拳銃の引き金に指を乗せる。銃口の先は苦い顔をした葵に向けられる。

 しかし、闇に紛れた草陰から人影が葵の前に立ち塞がる。雲が流れた月明かりの下、浮かび上がったのはよく見知った姿だった。


「……え? 雛菊!?」


 涙をほろほろと流した親友の姿に目を剝く。けれど、彼女の視線の先には朽葉がいた。


「公隆さん、もうやめて。これ以上、罪を重ねる姿なんて見たくない……」

「裏切るというのか、夫となる私を!」


 激高する未来の夫に、雛菊は負けじと言い返す。


「夫に従うのが妻の定め。けれど、わたくしの大事な友人の弟さんを貶めるような真似は許せません」


 その言葉が引き金のように、彼女の左右から警官が出てくる。


「その男を捕らえろ!」


 息せき切った警官たちは朽葉をすぐさま拘束し、地面に押し伏せる。取り押さえられた朽葉は恨み言をつぶやいていたが、複数の警官たちに連行されていく。

 呆然と彼らの姿を見送っていると、反対方向から見慣れた男が姿を現した。


「よっ!」

「……篝さん。どうしてここに……あなたが通報を?」

「まあ、そういうこった。通り道でおろおろしているこのお嬢さんから話を聞き出して、警官と一緒にここで張っていたわけだ。もともと、朽葉警部は前々から怪しい行動があったから、気になって独自に調査していたんだ。結果はこのとおり」

「では、前に尾行していたっていうのは?」

「ああ。彼を張っていたんだ。犯行の下見をしていたようだったからな」


 篝は雛菊のもとまで来て、そっとハンカチを差し出す。雛菊は悄然とうなだれており、目の前の白い布を力なく受け取った。


「大丈夫か? よく屋敷から抜け出せたな。あの口ぶりから監禁同然だったろうに」

「……ばあやに時間を稼いでもらって、窓から抜け出してきました。彼が罪を重ねる前に止めようと思って」


 切々と答える様子が痛ましくて、絃乃は彼女のもとに駆け寄った。だが言葉をかけるより前に、雛菊が怯えたように体をびくつかせた。


「絃乃さん、ごめんなさい。弟さんを装って手紙を出したのは……」

「いいの、いいのよ。雛菊」


 涙をためて罪を語ろうとする友人を抱きしめる。


「辛かったよね。私は大丈夫だから、もう何も心配しないで」

「……っ、……っっ」


 絃乃は堰を切って泣き出す背中をなだめ、もう大丈夫、と繰り返した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー