第二節 玄米の握り飯 ~今日が明日を作るなら~

 憲兵隊は風紀を取り締まる。

 しかし、その内部でも風聞──噂話は嗜まれていて、なかにはこんなものもあった。


 曰く、一八〇を超える大男がいる。

 曰く、生まれつき気功術を操れた達人で、三枚重ねた鉄板を素手でぶち抜くらしい。

 曰く、近代兵器もも、真っ向から殴り飛ばす剛の者。


 らしい、らしいと不確かな、そんな噂が戦時中、憲兵隊の内部では囁かれていた。

 その噂のモデルが私であることも把握していた。

 おそらく、だからこそこの特務に、私は選ばれたのだろう。


 神州には八百万やおよろずの神がいる。

 たとえ、現人神を名乗る何者かがそのうちの一柱であったとしても、自分ならば必ず事を成し遂げるだろうと、そう期待されたに違いない。


 事実、私は心身ともに精強な軍人だ。

 すくなくとも、なにもかもが空襲で燃え尽き、荒れ野と化した帝都を駆け抜けても、平常心を保てるぐらいには。

 鼻の奥をくすぶる消し炭の臭いも、死臭も、哀しいことに、すっかり慣れてしまったぐらいには。


 賊──廻坐かいざ乱主らんすは、品川に陣取っていた。

 そこに向かう道中、私はいくつもの行き倒れを見た。

 駆け寄って確かめても、ほとんどが死人だったが──

 ひとりだけあどけない幼女が、かろうじて息をしていた。


 乾いた瞳で私を見上げる幼女。

 その瞳にハエが止まって、両手をこすりあげている。

 着物から覗く腕は枯れ木よりもか細く、彼女の飢餓がいかに度し難いものかを教えてくれた。


 躊躇いなく私は握り飯を取り出し、彼女へと手渡した。

 幼女は驚いたようだったが、残る命を全焼させたがごとく手を伸ばし、私から握り飯を引ったくった。

 ブーンと、ハエが飛び去っていく。

 そうして幼女は、決死の形相で握り飯をむさぼり食らう。


い。佳い食いっぷりだ。一宿一飯などと考えてくれるなよ、こどもの考えることではないのだ、それは。かわりに、明日の日ノ本を君は背負しょってくれ。私の代わりにそれをすると、そう約束してくれ。今日が明日を作るまでというのなら、君たちにそれを託したい」


 食べるのに夢中な彼女には、聞こえていないだろうとは思いながら。

 私はにっかり笑うのをやめられなかった。

 ほんのわずかで不確かなものだが、私の意志は、希望はここに、残ったのだ。


 幼女が食べ終え、くったりと横になるのを見届けて、私はまた走り出す。

 逆賊を誅すべしと心魂に刻み、走り、走って。

 そうして、たどり着く。


 それは、奇妙な豪邸であった。周囲が軒並み焼け落ちているというのに、その邸宅だけは無傷なのだった。

 屋内に一歩踏み込むと、ひどい臭いが鼻をついた。

 大陸で嫌というほど嗅いだ臭いだった。

 死と毒の臭いだった。


 奥へ進む間にも、屋敷の中にはたくさんの人間が倒れ伏しているのが見て取れる。

 おそらくは、信者たち。

 国家神道に、教祖などというものはない。にもかかわらず、私には彼らが、宗教家の狂信者にしか見えなかったのだ。


 彼らもまた痩せ細っており、ろくに食事をしていないことが一目で解った。

 よほど餓えているのか、なかには骨を割り砕き、中の髄液をしゃぶっているものさえいる。

 ……なんの骨であるか、それ以上考えなかった。


 やがて、明らかに雰囲気の違う扉が、見えてきた。


「……神を名乗る不届き者には、あまりに心許ないが」


 最後の装備、閣下より貸し与えられた一四年式拳銃をそっと抜き放ち、手動安全装置を外す。

 そうして一呼吸。

 気功術を持って丹田からちからをくみ取り、けいを発する。扉を一息に蹴破る!

 噂は事実だ。

 私には、並大抵の人間なら組み伏せられる力がある。だから、たとえ相手が詐欺師でも!


 粉みじんになった扉をかいくぐり。

 逆賊討つべしと、室内へ吶喊とっかんして──


「──は?」


 次の瞬間、その場に崩れ落ちたていた。

 左胸には穴が開いており、そこからドクドク、ドクドクと、何やら赤く熱いものがこぼれだしており。


「────」


 もう、一言も発するいとまもなく。

 私の意識は、暗転した。


 そして──

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます