第20話 狙われた花嫁


 その日の夕刻。

 【包帯公爵】の花嫁が、一人で街に出ていた。ベスキュレー公爵家の屋敷を見張っていた男たちは、すぐにその花嫁の後をつけた。

 盲目の花嫁は手に白い杖を持ち、ふらふらと人通りの少ない路地まで歩いて行った。

 花嫁を誘拐しようと考えていた男たちにとって、これは好都合だった。

 どうして花嫁が一人でこんな人気のないところに来たのか、という疑問は持たず、男たちは音を殺して花嫁に近づいた。


 ――そして。


「ひやああああああっ!!!」


 悲鳴を上げたのは、男たちの方だった。ついさっきまで、誰もいなかった場所に、白い包帯姿の男が現れたのだ。

 そして、男は包帯を鞭のように男たちに向け、縛り上げた。


「さて。私の可愛い妻を狙う不届きな輩には、お仕置きが必要だな」


 薄暗い闇の中、包帯公爵の声だけが不気味に響いている。

 その声に、うっとりと頬を染めているのは花嫁ぐらいだった。



 ***



「誰の命で動いていた? 何が目的だ?」

 低く、冷たい声でアルフレッドは問う。

 街で捕えた三人の男たちは今、ベスキュレー公爵家の地下にいた。

 この地下室は、彫刻や建築などに必要な道具を保管する場所で、大掛かりな装置やノコギリ、特殊な形の刃物まで置かれている。

 わざと部屋を薄暗くすれば、拷問部屋に見えなくもない。

 それに、包帯公爵の噂を知っている者であれば、脅えること間違いなしだ。

 アルフレッドの狙い通り、男たちは脅えて涙目になっている。

 よくもまあ、こんなことで脅える男に仕事を頼んだものだ。

 そう呆れながらも、アルフレッドが彼らに情けをかけることはない。


「私に有益な情報を流さないのなら、どうなるか分かるな」


 壁に立てかけてあった、磨き上げられたナイフを取り、冷や汗をかいて一番怖がっている男の頬に当てる。

「人間の皮膚とは、とても不思議なものだとは思わないか?」

 包帯公爵は、人間の皮膚を蒐集している、という噂を体現してみせる。

「ほ、包帯公爵の花嫁を誘拐して、脅すんだと言っていた……偽者には去ってもらう、と……」

 アルフレッドがナイフを滑らせようとした瞬間、たまらず男は答えた。

「命じたのは、誰だ」

「し、知らねぇんだ。俺は金がもらえれば雇い主のことなんてどうでもよかった……だが、一人じゃねぇことはたしかだ。身なりからしても、あいつら皆貴族だった。それに、あんたのことを憎んでいるようだった」

 顔を真っ青にして、男が必死に口を動かす。

 同じようにビクビクと脅えている男たちも、何も知らないと首を横に振った。

 せっかくシエラが囮になったというのに、釣れたのは役に立たない男たちだ。

 仮に、本当に誘拐させれば黒幕までたどり着けるかもしれないが、シエラにそんな危険な真似はさせられない。

 そうふと考え、アルフレッドはにやりと笑った。

 シエラを誘拐して何をしようとしていたのか、黒幕の貴族たちを動かせるかもしれない。


 アルフレッドは男たちにとあることを吹き込み、解放した。

 もちろん、この男たちは十分に躍らせた後で騎士たちに捕らえさせる。


(相手が誰であろうと、シエラに手を出そうとしたことを死ぬまで後悔させてやる)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます