白い残像 9

6時になった。


耕治は、信代が来るだろうかと怪しんだ。


あの時の彼女の表情、あまりにも寂しそうな……。


あの顔を思い出すたびに、耕治の胸は締め付けられるほど痛んだ。


あれは本当にもののはずみだった。


わざとやったわけではない。


それは、はっきりしている。


しかし、彼女がそれを理解してくれるかどうかが問題だった。


もう6時15分になろうとしていた。


彼女は来ないかも知れない。


ふっとそんな予感が彼の脳裏をよぎった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る