坂出の少女 2

ある日突然、彼女は故郷の坂出へ帰ると、僕に別離を告げた時、思わず抱き締めたい衝動にかられた。


「黒住さん、本当にお世話になりました。機会があれば、またこちらへ来ます。その時はきっと知らせます」


彼女はうっすらと涙をにじませ、僕の手を握りしめて言った。


僕は、彼女の慰めの言葉なんか、少しも欲しくはなかった。


一言、愛していると言って欲しかった。


「きっとだよ。こちらへ来たら、必ず知らせてくれよ」


「ええ。約束するわ。体に気をつけてね」


「ありがとう。君も元気でね」


こうして二人は別れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る