松江の女 11

灯台のらせん階段を昇り、展望室へ上がった。


らせん階段を昇る途中、この灯台から飛び降り自殺する人が多いと聞いた。


こんなきれいな砂浜や海を目の前にして、自殺する人の想いはどうなのであろうか。


灯台を降りると、いかやさざえを焼いている店が並んでいた。


私と明子はいか焼きを買った。


番台の上に座り、いか焼きを食べた。


「おいしいわ」


彼女は本当においしそうだった。


いかは取れたてで、柔らかくおいしかった。


「私達、新婚旅行みたいね」


「そうだね。新婚旅行の予行演習をしておいてもいいだろう」


「ええ。黒住さんは結婚しないの?」


「しようと思った時はあった。でも、うまく行かなかった。今となっては、もう遅すぎる」


「そんなことはないわ。私が結婚してあげようか?」

「冗談だろう」


私は彼女の真意を計りかねていた。


私は彼女の顔を見つめた。


しかし、その表情からは何も知ることは出来なかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る