松江の女 4

私はアルコールはあまり強くないが、少しぐらいなら飲める方である。


私はビールを、彼女は日本酒を飲んだ。


テレビの天気予報では、明日は晴れだそうである。


ショーには晴れの方がいい。


「明子さん、明子さんの初恋は何時ですか?」


「私は遅かったわ。中学の頃、同じクラスの男の子に夢中になったことがあるわ。でも、その男の子は少しも気がついてくれなかったの。黒住さん、あなたはどうなの?」


「私ですか?私は小学5年生の時です。ある日の放課後、私のクラスの女の子達数人が、教室の入口に鍵を掛けて、中で何かをしていた。私と友人は、何をしているのか見てみたい誘惑にかられ、廊下へ他の教室から机を持って来ると、その机の上に上がり、天窓から中を覗いた」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る