浜田の少女 8

僕はビーチサンダルをはいて、波打ち際を海水が足を洗うのにまかせながら歩いて行った。


遠く沖の方では、夜釣りをしているイカ漁船のカンテラが、海の上でチラチラと踊っていた。


ここの砂は瀬戸内海とは全く異質のものだった。


砂は細かく、固く締まっている。


足跡があまり残らない。


たたみが浦海水浴場へ来ると、二人は海へ入った。


海は昼間の放射熱を十分に蓄えていて、思ったより冷たくはなかった。


沖合いのロープを張っている所まで泳いで行くと、ロープにつかまり、波のうねりに身体を預けた。


岸の方へ目をやると、灯台が浮かび上がって見え、頭部から照射されている光の束が、規則的に旋回していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る