お父さん、異世界でバイクに乗る〜妻を訪ねて娘と一緒に〜

さとう

第一章・異世界へ

第1話・父と娘、異世界へ

 目玉焼きの焼ける音、お味噌汁の香り、炊きたてご飯のフワッとした香り。

 時間は朝の六時半。3LDKマンションの一室に、一人の中年と一人の女子高生が暮らしていた。

 料理を作るのは父。家事にはもうすっかり慣れ……ていない。

 目玉焼きは形が崩れ、味噌汁はインスタント、炊きたてご飯は水が多すぎたのか、少しベちょっとしている。

 家事は専ら父の仕事。華の女子高生である娘は、洗濯機一つ回してくれない。だが、父は文句一つ言わず、家事を淡々とこなしていく。

 

「よし……おーい杏奈あんな、朝ごはんできたぞ」

「……んー」


 少しクセのついた濡羽色の黒髪をなでつけながら、このマンションの住人である武内杏奈たけうちあんなが部屋から出てきた。

 マンションから電車で四駅先にある女子校に通っており、手にはスマホが握られている。父の武内 猛たけうち たけしは、そんな娘を叱ろうとせず、使い古された椅子に座る。


「いただきます」

「んー……」


 杏奈は、スマホを弄ったまま朝食を食べ始める。

 インスタント味噌汁に、形の崩れた目玉焼き、袋を開けただけのサラダは、もう武内家ではお馴染みの物。

 朝食を終えると、杏奈はさっさと家を出てしまった。テーブルに残された食器もそのままに。


「…………あ、洗濯物」


 洗濯機を回していなかった。だが、猛の出社時間も迫っている。


「まぁ、明日休みだしいいか」


 食器を流しに入れ、仕事道具の詰まったカバンを取る。

 そして、杏奈が向かった同じ駅に向かおうとして……部屋の隅にある仏壇を見た。


「……いってくるよ、深雪」


 猛の亡き妻、深雪。

 妻の死から10年……彼は未だに立ち直れずにいる。


 ◇◇◇◇◇◇


 猛は自転車で駅まで向かい、そこから電車で会社に向かう。

 仕事は何の変哲もないサラリーマン。給料はそこそこいいが、毎日同じことの繰り返しで、38歳になっても働くのが嫌になる。

 だが、娘の杏奈の大学費用、将来に向けての貯金はしておきたい。猛にも趣味はあるが……妻の死をきっかけに止めてしまった。

 

「ん?……おかしいな」


 駅に到着したが、非常に混んでいる。

 電光掲示板を見ると、どうやら脱線事故があったらしい。30分以上の遅れが出ているそうだ。


「参ったな……」


 駅の入口で待っていても、電車が動く気配がない。

 会社に連絡しようとポケットに手を入れ……。


「…………はぁ~、スマホ忘れた」


 玄関に、スマホを置きっぱなししていたことを思い出す。

 さて、家に戻ろうかと悩んでいると……。


「ん? あれは杏奈か……あ、そうだ」


 娘の杏奈が、一人でスマホを弄りながら駅の入口の壁に寄りかかっていた。

 娘からスマホを借り、会社に連絡しよう。そう思い、猛は娘の元へ。


「おーい杏奈、おーい」

「んん? あれ……なに?」


 杏奈は、口をモニュモニュさせていた。どうやらガムを噛んでいるようだ。

 猛は申し訳なさそうに言う。


「すまん、スマホを玄関に忘れたようでな……会社に連絡したいから、お前のスマホを貸してくれないか?」

「…………ま、いーよ。ほい」

「ああ、ありがと――――






 次の瞬間、暴走したタクシーが猛と杏奈を壁に押しつぶした。






 ◇◇◇◇◇◇


 ――――――すまない。


 ふと、そんな声が聞こえた。


 ――――――全て、私のミスだ。


 男の声。

 猛は、何が起きたのかわからなかった。

 目を開けると、真っ黒な空間にいた。


「う……っつ、なんだ?」

「うぅぅ……」

「っ……あ、杏奈!? しっかりしなさい、杏奈!?」

「う……あ、あれ、お父さん?」

「杏奈……よかった」

「?……ここ、どこ?」


 その質問に、猛は答えられない。

 真っ黒な空間に父と娘の二人だけ、荷物も消えていた。


「なにこれ、なにこれ!? あれ、なにがどうなったの? ねえ!!」

「お、落ち着きなさい、杏奈!!」


 杏奈を落ち着かせようと肩に手を置くと、声が聞こえてきた。


『本当に、申し訳ない……』

「え……」

「だ、だれ……?」

『私は、生と死の神ルシド。きみたちの世界において命の循環を司っている』


 現れたのは、この黒い世界で唯一の白と言うべき存在だった。

 白い肌、白い髪、長い耳、眼は真紅に輝き、まるでアルビノのような男性だ。着ている服は民族衣装のようにも見える。


「お、おじさん……だれ?」

『ルシド、そう呼んでくれ、アンナ』

「え、あ、あたしの名前……」

『私は、きみたちの世界の命を循環させる役目を担っている。全ての生命の名を把握しているのは当然だ』


 ルシドは、にこやかな笑みを浮かべるが、どうみても人間らしく見えない。猛は警戒し、杏奈の前に立つ。


『タケシ……きみには謝っても謝りきれない』

「……あの、ここはどこですか? 俺と杏奈は、どうなったんです?」

『……全て、私の責任だ』

「どういう……」


 すると、漆黒の地面が明るく輝いた。

 そこには、見覚えのある建物、人、そして……。


「な……」


 猛と杏奈は驚愕した。

 見慣れた駅は、地獄と化していた。

 高齢者タクシー運転手による暴走事故により、二人の男女が死傷した。高齢者タクシー運転手は逃走しようとしたが取り押さえられ喚き、即死と思われし男女が2名、救急車によって運ばれていく。

 その2名は――――――。


「見るな杏奈ッ!!」

「っひ……」


 見覚えのある、なんてもんじゃない。

 どうみてもそれは、猛と杏奈だった。

 猛は杏奈を抱きしめ、悲しげに目を伏せるルシドを睨む。


「あ、あんた……こんなの見せて、どういう」

『死んだのだ、きみたちは……だが、きみたちの命はまだ、循環の流れに組み込むには、運命から逸脱している。これは私のミスだ……二度目の、ミスだ」

「何を、言って……」

『受け入れてくれ。タケシ、アンナ……きみたちは、死んだのだ』


 猛は頭を抱え、杏奈は呆然とした。


 ◇◇◇◇◇◇


『きみたちの死は、予定外のことなのだ』


 ルシドがそう言うと、呆然としていた猛と杏奈は顔を上げる。


「予定外? どゆこと?」

『そのままの意味だ。本来、きみたちはここで死ぬハズではなかった。だが、過去の因果の流れがここできみたちに影響を及ぼしたのだ』

「どういう、ことだ?」

『……本当に、すまない』


 ルシドは、再び頭を下げた。

 そして。




『武内深雪……彼女の死が、きみたちの因果を狂わせ、迎えるはずのない死を迎えてしまった』




 猛は、無意識にルシドに手を伸ばすが、スルリと抜けてしまう。

 まるで立体映像。そう思う間もなく、猛は手を伸ばす。


『聞いてくれ、大事な話がある』

「深雪……深雪の死が、なんだって!?」

『落ち着け、説明する』

「ちょっと、やめなってば、ねぇ!!」

「……杏奈」


 杏奈が、猛の腕を掴んで制止させる。

 ルシドは頷き、説明を始めた。


『武内深雪、彼女は本来、老衰で死を迎える予定だった……が、私のミスで、死を迎えてしまった』

「ッ!!」

「やめなって!!」

『だから私は、ミユキに第二の生を与えた。私が管理する世界で、新しく生まれ変わったのだよ』

「え……み、深雪が?」

『ああ。私の管理する、私の世界だ。そこでは私の意のまま……と言っても、直接の干渉はできないがね』

「それで?」

『きみたちを、そこに送りたい。望むなら、特殊能力を付加しよう。何でも思いのままだ』

「え、マジ? それって、チート能力ってやつ!?」

『ああ』


 すると、再び地面が明るくなり、航空図のような景色が広がった。

 

『規模は地球と同程度、文明レベルは地球の中世といったところか。きみたち風の言葉で言えば、魔獣やダンジョン、魔法や剣の世界だ』

「す、スッゴい……うそ、じゃあ、冒険者みたいなのもいんの?」

『ああ。いる』

「すっご! じゃああたし、すっごく強い魔法使いにして!」

『わかった』

「…………」


 猛は、ルシドを睨む。


「深雪は……深雪は、この世界にいるのか?」

『ああ。どこにいるかはわからんがね』

「……会えるのか?」

『記憶は受け継いでいる。本人の希望で、成長しても『武内深雪』のままの姿だ』

「…………」

『どうする? きみは……なにを望む?』


 猛は、亡き妻の顔を思い出す。


 猛は昔、暴走族に入っていたことがある。

 深雪は幼馴染みで、猛のバイクに乗りたいと言ったことがあった……でも、当時の猛は『俺のバイクに女は乗せない』と言って、乗せなかった。

 結婚して子供が生まれ、20代後半になり……結局、気恥ずかしくて深雪を乗せることがなかった。

 そして、深雪は事故で死んだ。

 バイクに乗せてやることもできず。

 一度でいいから、タンデムシートに乗せて、海辺のツーリングがしたかった。


「……バイクに、乗りたい」

「は?」

『バイク……どれどれ』


 ルシドは掌を猛に向け、頷く。


『わかった。いいだろう……きみの中にあるバイクのイメージを掴んだ。望み通りの物を与えよう』

「………ああ」

「え、ちょ、バイク?」

『では、異世界で第二の生を楽しんでくれ……さらばだ』

「え、バイクって……え!?」


 黒い世界が純白に染まっていく。

 猛と杏奈の異世界生活が始まる。

 死んだこと、運命、何もかもわからない。でも、猛の中には一つの目的が生まれた。


 もう一度、妻に……深雪に会いたいという思いが。



◇◇◇◇◇◇


新作公開しました!

最弱召喚士の学園生活~失って、初めて強くなりました~

https://kakuyomu.jp/works/1177354054921002619


久しぶりに新作公開です。

召喚獣、召喚士、学園モノです。

よかったら見てね!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る