後輩掌編集

作者 大宮コウ

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

大変面白かったです。
先輩後輩を巡る、摩訶不思議な掌編集。
恐らく恋愛が下地になっていますが、一話ごとに舞台もシチュエーションも目まぐるしく移り変わるので、どれも違った味わいを楽しめます。切ないオチがあったり、シニカルなオチがあったり、ホロリとしたりニヤリとしたりしてしまいます。
掌編なので文字数は少なく、しかし的確な描写と構成力で書かれている為、読んでいて過不足は全く感じません。程よい切れ味なので、ぐいぐいと次の話を読んでしまいます。
おすすめです。

★★★ Excellent!!!

先輩と後輩によって綴られる小話。
というわけでこちら、一話完結型の掌編集です。登場人物もそれぞれの話でちがう人物で、共通してるのは先輩(概ね男子、時々女子?)と後輩(多分全員女子)だってことだけ。なのでどこから読んでも大丈夫な構成になってます。

この読みやすさもいいんですけど、最大の特徴はそのテイストですね。“少し不思議”のほうのSF調で綴られるお話は、さくりと決まるオチの中に先輩後輩っていう微妙な関係性が生きてて、実にこう、じれったいというか難しいというか。

いや、普通に恋愛的な愛憎話もあったりするんですけど、やっぱりそこには落ち着かないんですよ。それがまた青春ものとしてのテイストを醸し出してて、読んでるともだもださせられるんですよねぇ。掌編という短いお話の中で行間をしっかり使えていればこそ、読者の感覚に訴えてくるにおいが立ってるのです。

さくっと読み切れるだけじゃなく、全編にわたっていいにおいが味わえる作品です。

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=髙橋 剛)