26 感情

 ○




 暖かい感覚が心を満たしている。


 ずっとぬるま湯に浸っているような、それとも心地よい日差しの下でぼうっとしているような。そんな、感覚だった。

 スピカ・ベルベットは、目の前に居る男の背中をぼんやり見つめる。その後、自身の体へと視線を落とす。


 着心地の良い、服。新しい、服。


 購入する際にサンはこう言っていた。


「スピカを拾った者としての最低限の責任の一つだ。むしろスピカはもっとわがままを言ったほうがいい。俺の精神安定的に」


 そうとぼけたサンの笑みは簡単に思い出すことが出来た。

 恐らく私が気後れしないように気を使ったのだろう。スピカはそう思い、どうしようもないほどに強い感情が体を支配する。



 その色は黒く、ヘドロのようににごりきっている。醜い自己嫌悪の色だった。



「……私は。隠し事を、している」


 誰にも届ける気のない呟きが漏れた。軒下の雑踏に揉まれて、言葉は溶けて消える。

 彼はどうしようもないほどに良い人だ。頭ではわかっているのだけど、だからこそ、口を吐くのはため息にもならない吐息ばかりだった。

 仲良くなればなるほど言葉を口にすることが……辛い。何もかもを吐き出したい、でも、言いたくない。

 矛盾した気持ちはどんどん膨れ上がり、今にもスピカを押しつぶしそうなほど大きくなっていた。

 彼ならばちゃんと話を聞いてくれるだろう。全てを漏らすことなく、掬い上げて、丁寧に聞いてくれるはずだ。

 ――じゃあ。その後は。


 彼に否定されることが、どうしようもなく、怖い。


 ……否定されるだけならば、まだいいのだ。サンが豹変したらどうしよう。里を襲った人間と同じになってしまったら、どうすればいいのだろう。

 もし。もし。もし。

 もしかしたらという考えが幾重にも重なり、体が小さく震える。


 踏み入ってこないのは、楽。本当に、楽。その気遣いには救われた。

 ……このままサンの優しさに縋って、楽なほうに流されればいいじゃないか。スピカの頭の中で、弱い彼女が囁く。

 その考えは、礼には礼を。恩には恩を。そう教わってきた彼女の人生全てを裏切るものだ。


 スピカの足が止まる。

 唇をきゅっと噛み、目を瞑る。


「……どうした? あー、人間が居る場所ばっかりだもんな、疲れたちゃったか」


 彼は、様子のおかしいスピカに簡単に気がついてみせる。

 違う。首を振ってフード越しに否定の意思を伝えると、サンはちらりと空を仰ぎ見る。


「……そうか。そうだな、以前来たときに人の来なそうな場所を見つけたんだ。ちょっと歩くけど、そこに行こうか」


 そう言うや否や、サンは店の店の隙間に入ってすいすいと歩き始める。不思議と人の少ない通りばかりで、彼はこういう少し浮いた場所を探すのが得意なのだなと思った。

 灰色の外套を翻して、灰色の石で出来た道の中を進んで行くサンの背中は、どこか現実味がなくて。



”――おにーさん、さ。なーんか頼りないんだよね。”



 ふ、と。ヤコが口にした言葉を思い出す。サンが飲み所に行っている間に交わした会話だった。

 スピカが否定と文句をこめた唸り声を上げると、ヤコは慌てて否定する。


「ふらふらと飛んで行きそうというか、地に足つけていないというか。そういう意味! 初めて見たとき、寂しそうな人だなって思った」


 ……ピンと来ない例えだ。ヤコは悪口で言ったつもりではないらしい。その証拠に、ヤコの表情は心配といった様子で歪んでいる。

 彼女は大げさにうんうん頷くと、さらに言葉を重ねる。


「でも、スピカちゃんと二人で再び会ったとき、少しは落ち着いていたんだよね。それを見てこの人は大丈夫だと思った」


 にこーっと笑みを浮かべると、スピカに指を突きつけて、言う。


「そりゃそうだよね! 可愛い女の子が一緒に居るんだ、少しは落ち着かないと! ……でも、そのスピカちゃんが色々複雑な感じだ」


 ぺちりと肩を叩かれる。


「おにーさんに見せまいとしているのはわかるけど、そういうのって、外から見たら丸わかりだよ。……そうね」


 ヤコは人差し指をピンと立てると、指先をくるくると回し、言葉をまとめているようだった。


「スピカちゃん、もっと重い女になればいいんじゃない?」

「なっ」


 いきなり何を言うのだ、この狐耳は。

 ヤコは言いたい事は言ったと満足げに頷いている。

 ……この後はどんどん話がそれて、雑多な会話をしていったのだが。


 その言葉を聞いたとき、自分はどう思ったのだろうか。ただでさえ迷惑をかけているのだから、これ以上負担を掛けられないと否定したのか。それとも、少しは受け入れようと思ったのだったか。ほんの一日前の出来事だというのに、まるで別人の感情を推し量るみたいだ。

 たった一日だというのに、色々なことがあった。サンが出かけた後に一人で外を見ていたら、外を走る彼の姿があったこと。その後に二人で屋根に登ったこと。

 ……あんな事、するつもりはなかった。甘えるのではなく、寄りかかって、あんな。

 サンの顔を見ていると、どうしても歯止めが利かなくなって、思っていた気持ちを吐露してしまった。

 そこからだ。

 自分の気持ちだというのに、感情を落ち着けることが出来ない。

 信じたい。怖い。聞いて欲しい。言いたくない。ごちゃごちゃと何もかもが混ざって、頭の内側でガンガンと叫ぶのだ。


 先を歩くサンが振り返る。スピカと目が合うと、小さく笑う。

 ……かっと、感情が走った。それはスピカの胸中を漂う黒い感情を瞬間的に消し去って、居心地のよい安堵感で満たす。

 泣きたくなるほどに、今のスピカには残酷な感情だった。


 ……キャスケット帽のせいで顔が上手く隠れてくれない。こんな表情を見せるつもりはなかったのに。

 彼は何も言わない。

 そして、更にほんの少し歩いた先に――。


 赤錆が浮いた金属製の柵と、半分倒壊した廃墟にはさまれるように、小さな枯れた噴水が佇んでいる。

 横には葉々が積もる古いベンチがあった。

 サンは手で葉っぱを払いのけるとスピカに座るように促した。その眼差しは、どこまでも優しい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

溜め回。次話は極力早く更新します。

今日は時間がないので、水曜日に更新できれば。遅くても木曜日には…!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る