じゃあ、またね。

作者 湊賀藁友

じゃあ、ばいばい。」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 弱杉衣蝶様

     鳥肌が立ちすぎて、鳥になってしまいました…
     ちょっとしたホラーより怖いじゃないですか😱

     進み過ぎた技術がもたらしたもの…
    命の価値が希薄なものとなり、それでも、人を想う気持ちは変わらない…
     幸せな未来とは程遠いですね…

    また、『小学校から温めていた…』って、どれだけ感性豊かな方なんですか?
     本当にびっくりです!

    続きがあるのでしたら、人類は全員『クローン』になってそうですね…

    素晴らしい作品、有難うございます。

    作者からの返信

    うわわわわわ!素晴らしい作品だなんてそんな風に言っていただけてとても嬉しいです!!( 〃▽〃)

    こういう世界でも、幸せだと感じる人にとっては幸せなのかもしれないですけどね…。

    実は昔姉がやっていたゲームにクローンが出てきたのでクローンがいつか本当に作れるようになったらどうなるんだろう…?と考えてたらできました(*/∀\*)


    一番始めの鳥になってしまいましたは笑ってしまいました(笑)センスが( *´艸`)

    読んでくださりありがとうございました(*´▽`*)

    2019年6月29日 19:08