day -06:フツウの日

六日前。


 ちょっと考えればわかりそうなことだったけれど、恥ずかしながら気付いたのはこの日の朝になってからだった。様々に模索した結果、やっと見つけた迷惑をかけない絵に描いたような自殺――その発想の中心核が、『自殺に見せない自殺』なのだとしたら、そもそも今までの工作を続ける意味はないということ。つまり、恥の上塗り工作はもはや続けても仕方ない。むしろ自殺を疑われるだけ、有害ともいえるだろう。

 だから前日学校を休んだことも、無意味だったわけだ。

 上塗りした恥のほとぼりを冷ますためにも、毬雲との約束――返事待たせの一週間は、妥当な選択だったのかもしれない。

「……やれやれだぜ」

 昨日読んだ漫画の台詞をそのまま引用して、起床。

 今日は普通に学校へ行こう。



 *   *   *



 学校では。

 いつも通り。

 授業をこなし。

 時間を消費して。

 昼食は食堂で食べ。

 卯生とは雑談をした。

 毬雲には会わなかった。

 美術部のない金曜日。

 天文部はある曜日。

 この日は卯生も。

 参加したそう。

 久し振りに。



 *   *   *



 それだけで、何かあったといえば、電話があったことくらいだ。

 携帯電話に、ではない。家の電話に、だ。

 珍しく、久し振り。

 けれど大したことではない。


 連絡網。

























 同期の生徒。


 渡砂瀬々斗が死んだ。

 享年十七歳だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます