とある、ちんちん日本終末論。

月見里緑

 まず始めに宣言しておく。

 題材が題材なので不真面目に思われるかもしれないが、私がこれからする話はいたって真剣なものだ。オチなどない。面白みを求めるのはお門違いだ。


 そして私は陰謀論者と呼ばれるような人間では決してない。

 私はあの類の人間をこの世で一番――いや、一番は言い過ぎだが、しかしそう言う誇大な表現をしたくなるほど嫌っているのだ。

 陰謀論を語っている間は賢人でいる気分になれる。この世の真理を知った気になれる。愚かな無学者が傾倒するものそれが陰謀論だと私は認識している。


 ――閑話休題。本題に戻そう。


 ああそうだ、これも言っておかなければならない。これだけは言っておかなければならない。

 私の頭は正常である。狂ってなど、決していない。


 ……なぜこんな、わざわざ自ら読者を手放してしまうような長くてくどい前置きをしているのかというと、これからの私の話はあまりにも荒唐無稽で、一見すると狂人、もしくは馬鹿の阿呆な戯言だと思われてしまうからだ。


 ――さて。

 これで十分だろう。いや、これだけの前置きをしてもまだ足りないと私は思うが――この辺りにしておこう。


 ようやっと本題に移ろう。

 私はシンプルが好きだ。だから、シンプルに私の主張を伝えよう。



 ちんちんが、日本を滅ぼすのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます