海が太陽のきらり

作者 一視信乃

28

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

南国の海が目に浮かぶような風景描写に重点を置くラブコメディです。
序盤はやけにルビを連発して軽薄に感じるかもしれませんが、それにはちゃんと訳があるのです。クライマックスのシーンで息を呑むような海中の幻想的美しさ、それをこうも文章で表現できるものかと感心させられっぱなしでした。

主人公を助けてくれる裏方魔法使い役のどざえもんも、味があって楽しめました。
尚、どざえもんを神様の使いとする風習は実在します。彼は、皆様も良く知る七福神のメンバーなのです。

一夏の切ない恋を「海の楽園」で体験したい貴方へ、おススメです!

★★★ Excellent!!!

前回の「明日の黒板」をしのぐ盛り上がりを見せている今回の「海が太陽のきらり」。日に日に参加作品が増え、ここまでくるといかに自分の持ち味を発揮して個性をアピールできるかの勝負みたいになってるのですけど……。この段階で、まだまだオンリーワンが出てきたことに驚きです!

こちらの陽子はso cute! なのですけど、微妙にクール?? けれど恋して更にキュートになっちゃう。そんな陽子とイケメン海斗くんのボーイミーツガール。

戦う魔法少女ではなく、魔法で大人になって芸能界で活躍する系のアニメが人気だった世代には特にツボだと思います。