第二章 ヤミテラ

1:タイトル・人物紹介・モノローグ

東京ゾンビ地獄618!:眼鏡巨乳ヒロインと駆け抜けた、あの闇を照らせ!(仮)

『あの闇を照らせ!』を改題


(編:タイトルを変えることを提案します。読者に対する訴求力が足りないと思います。もっとベタで長い奴を考えてみてください。『あの闇』はラストにかかってきますから、最後に入れ込んでみても良いかもしれません。内容とずれまくっても、インパクトがあったらOKなんで、無茶苦茶な奴を考えてみるのもいいかもしれませんね)

(W:上記の編集氏の提案を受けての、改題だったらしいが、まだ完全に固まり切らないうちに、著者氏が逝去されてしまったので、そのまま掲載する)


登場人物

 主人公:安達かずしげ

 ヒロイン:二瓶にへい令子

 中年の太った男:高野しろう

 タオルおばさん:阿部七海ななみ

 妊婦:志賀やえこ

 女子高生:柳田むつみ

 小さい女の子:五日市静恵

 気弱そうなサラリーマン:武藤重三




モノローグ

(メモ:章の前に何回か入れてみるか? ラスボスの伏線。ボスが没の場合、考え直し)


 あ、父さん、うん、今デパートだよ。

 大丈夫、ちゃんと忘れずに買ったから。父さん、あのお酒好きだもんね。

 うん、一度会社に帰るから、家に着くのは九時過ぎになっちゃうかな。それまで本でも読んで、時間を潰しててよ。

 あ、でも暑いからって、クーラーの温度下げ過ぎないでね。

 僕、この前お腹壊しちゃって酷かったんだから……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます