鎖の男

作者 紅林みお

44

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

精神的にくる素晴らしい恐怖です。鎖というキーワードを最高に恐ろしくおぞましく扱っていて、その巧みな手腕に圧巻させられます。ただ怖いだけでなく気持ちの悪さも感じられ、精神的な圧迫感も与えてくるホラーです。
人が歪んでいく生々しさは読みながら不意に自分自身の感覚すら曖昧にさせます。読み終えたあとも胸に奇異なシコリが残り、薄ら寒い余韻に気持ちがそわそわします。
ここまで精神的に残るお話は本当にすごいと感動しました。人を選ぶ作品だとは思いますが、私は出会えて嬉しかったです。

★★★ Excellent!!!

暴力描写、残酷描写、主人公が狂気に陥っていく描写が、とても生々しくて気分が悪くなってきます。

しかし、そんな描写力に加え、なにが起こってるんだ?主人公はどうなってしまうんだ?と続きが気になるストーリーで、読むのをやめられなくなる不思議な魅力――いや、魔力があります。

そして最後に謎が残るからこそ、こういうことか?いや、こういうことか?と想像が膨らみ、読み終わったあとも小説から離れられなくなります。

きっとアナタも、この小説という鎖に繋がれてしまうでしょう。