第16話 聖書ツクール。

第16話 聖書ツクール。



A:「アイス買ってきたよ!ナレさんには冷却水ね♡」


S:「お。あっちゃんにしては気が利くではないか!夏にはアイスこそが

正義!ジャスティス・オブ・アイスなのだー!。」


N:ありがとうございます。


A:「喜んでくれると、炎天下に買い出しにいったボクも救われますね。」


S:「時に、あっちゃん。そのメイド服を着て外出したのかね?」


A:「そうですよ。にっこり♡」


S:「はいキュン。あっちゃん。度々質問して悪いのだが、その袋の底に入っている黒い書籍はなにかな?」


A:「これはですね。帰宅途中で自転車に乗った二人組の異邦人から、頂きました。

修道女と勘違いされたのですかね?」


S:「聖書か・・・。捨ててきなさい。」


A:「えー?さすがにそれは出来ないですよぉ。罰があたって、し、死んじゃうかも

知れないじゃないですか!」


S:「はいWキュン。いいかい?聖書にそんな超神秘的パワーはない。もしあったのなら、是非にその罰を受けてみたいものだ。」


A:「さっちゃんだめですよ。死んじゃダメー!」


S:「くくく。いいかい?聖書は第三者の加筆で出来ている。故に聖書にそんな

トンデモパワーは無いのだ。」


A:「どういうことですか?」


S:「そうだな例えるなら、@掲示板による伝言ゲームに似ている。」


A:「え?ますます分からないですが・・・。」


S:「つまり、私が『神をみた。』と書き込みをしたとする。

すると⇒『俺が神』みたいに最終的には間違った内容で伝わる。」


A:「ほえー。」


S:「要するにだ。現在出回ってる聖書は第三者の思い込みや都合の良い文面を

何度も加筆された無価値な代物だ。」


A:「え?じゃあ。本物の聖書はどこあるのですか?」


S:「そんな物は存在しない。」


A:「な!?」


S:「いいかい?そもそも聖書は『神』の手で書かれてはいない。はじめから

第三者の思考が混じった、まがいモノなのさ。」


A:「そ、そんなーぁ。」


S:「宗教というのは人の恐怖心を『神』という抽象的な存在に依存して和らげるための心理ケアさ。」


A:「あ、それは分かる気がします。」


S:「依存性が高い人ほど、大きな事案が起きた時『神の怒り』『神の奇跡』『罰』と受け取る傾向があり、それが聖書によって強調されているのだ。」


A:「なーるほど。分かりました!」


S:「まぁでも、面白い事が書かれているかも知れないので、保存しておこう。」


A:「はーい。」



二人が立ち去った後・・・。


N:世界を創るのは神か?人か?あるいわ・・・・。




※この物語はフィクションです。宗教や精神の思考を非難するものではありません。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます