りーなと宗一の夢冒険

remono

第1話 夢の話

 振動と共に足音が迫る。

 

 ドーン、ドーン、ドーン、ドーン!


 映画で出てくる西洋の姫の衣装を身にまとった、荒野に一人立つ私に向かって。

 やってくるのは三メートルほどもある私を一呑みにしそうなほどの額に文様のある緑色の怪物だ。

 実際丸呑みにするつもりだろう。私はイケニエ。怪物を鎮めるためのイケニエ。


 怖い。嫌だ。本当はこんなところで死にたくない。けれどもみんなのために――私はイケニエになることを選んだ。怪物はどんどん足音を立てながら私に迫っていき――。


 ヒュン!


 飛んできた来た矢にその目を射貫かれて大きく姿勢を崩した。


「姫ー!」


 そう叫ぶ男の人はまだ幼い自分と同じくらいの美少年だ。馬に乗って今さっき矢を飛ばした弓を背中にしまい背中の剣をその手に取る。そしてひるみもせずに怪物に向かっていった。


 片目を潰された怪物は暴れながら片手で目を覆うと、目標を私から美少年に変える。美少年は片目になった怪物の目が見えない方へ馬を走らせ怪物に近づき剣を振るう。けれどもそれは弾かれてしまう。


 怪物は片方の拳を振るって馬に乗った美少年を捕らえようとする。けれどそれは隙だらけ。けれど剣は怪物の体に効かない。どうするの? そう思っていると少年は馬の上に立ち、剣を構えて怪物に向かって飛び上がった。


 でもそれは片眼を覆っていた方の怪物の手の射程内。怪物は目を覆っていた方の手を振るうと少年をはじき飛ばした。


「きゃあ!」

 

 思わず叫んでしまう。美少年は一撃で地面に叩きつけられた。まだ生きてはいるようだけけ大丈夫だろうか。そして美少年が持っていた剣が――くるくる回転して私の目の前に落ちて地面に刺さった。


「……」


 私はおそるおそるその剣を手に取る。怪物が美少年に迫る。助けないと。なぜなら少年は私を助けようとしてくれたから。……助けないと。

 私は剣を水平に構えると怪物に向かって走って行った。


 カキン!


 けれどもやっぱりこの剣では怪物の体に傷を与えられなかった。怪物は首を曲げ、残った単眼が私の方を見る。


「額だ! 額の文様を狙え!」


 美少年が声を出す。よかった、生きてたんだ。ほっとすると同時に怪物の両手が私の体を拘束し、掴み上げる。そのまま頭の上まで持ち上げると大きな口を開ける。ああ、やっぱり丸呑みにするつもりだ。私が諦めた瞬間。矢がまだ開いた方の目に突き立った。美少年が放った一撃だ。


 怪物は暴れ、体が自由になった。落ちそうになるところを逆に怪物の体を掴み、私は怪物の腕の上に乗る。すごい揺れる。ぐらぐらする。

 けれど、今しかチャンスはない! 私は飛び上がり怪物の額の文様に向けて剣を刺す。


 グサリ!


 美少年の言うとおり額が弱点だったようだ。怪物の額に吸い込まれていくように剣が刺さっていく。そしてどう、と怪物は倒れ――動かなくなった。


 なんと驚いたことに美少年の助けこそあれ、私は怪物を倒してしまったのだ!


 美少年は私に駆け寄り、怪物を倒した余韻でふらついた私を慌てて抱きしめる。体が滑り、美少年は膝をつき、ちょうどお姫様だっこの形になった。


「姫、お見事でした」


「ありがとう……助けに来てくれて……」


「いえ、当然のことをしたまでです」


 そしてそのままくちびるとくちびるが自然と近づき……



 なんてことの無い中学二年生、片倉りーなはそこで目を覚ました

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます