チカの街

酒田青枝

プロローグ

「あ、もしもし。高野君?」

「うん」

「寝起きかな。ねえ、今日一緒に出かけない? わたし、この街に来てまだ間もないしさ、散策に出ようと思って」

「おれと一緒に?」

「うん」

「他の友達は? 何人かできただろ?」

「高野君がいい」

「うーん」

「やだ?」

「いいよ」

「やった! じゃあ、十一時ごろ家に来てね」

「おれが迎えに行くの?」

「そうだよ」

「しょうがないなあ。じゃあ、十一時ね」

「ありがとう。よろしくね」

「はいはい」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます