貴方の気紛れが起こらなければ、また明日

作者 綿柾澄香