君はいつも孤独を望んでいた

作者 なぎ