『字句の海に沈む』あるいは 梅雨のしらべを聞く前に

作者 古新野 ま~ち

6

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?