ドラゴンノベルストーリー 竜述物語 文士が取り戻す竜の夢

作者 西紀貫之

40

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界転生はいつも急な死から始まりますが、この作品はとある文豪の安らかな死から静かに始まります。

読んだのは彼のファンと称する白き龍。彼女は崩壊した世界を、その想像力で書き足し、共に物語を紡いで欲しいと文豪に世界の物語を書き換えるチートアイテム魔筆を与えます。

たった二人で世界に栞を挟みながら加筆修正してゆく斬新な物語。ある意味メタもののようなWEB作品とはほぼ完結することなく尻すぼみする中、この作品はどんどんと新しい冒険を紡ぎ出し、読者を真っ白な原稿用紙、いや描き散らかされ捨てられた世界に没入させます。

自分が書くとしたなら恐ろしい程に複雑な設定を、作者の非常に高度な構成力と巧みな文章力で描ききっているのは見事の一言。また修正する世界も局所局所ではなく、世界の命運のその根元から違和感なく改変してゆくのを、白き龍のシロエちゃんを登場キャラクターに仕上げて回すと言うのがとても理にかなっていて、わかり易かったです。

一気に読み進んでしまい、「えーもう終わっちゃうの!?」と思いきやまさかの展開でハヤテ先生の次回作にご期待くださいという大団円。願わくば続きが読みたいなーシロエちゃんクロエちゃん可愛いなーと悶える、そんな作品でした。

西紀貫之先生の次回作にご期待!