第4話 終息

ユキサと家に帰る途中、本屋を出ていくユキサと男がいた。今ならわかる。あの男は、俺である。

今朝はジャケットを着ていたのに、俺と同じくポロシャツとジーンズだった。俺は横にいるユキサの手を握った。

前を行く二人は、俺たちと同じ道を歩いている。当然、同じ家に入った。

「ただいま」隣のユキサはいなくなっていた。

「おかえり」リビングからユキサの声がした。男の気配なんてなかった。「まぁ私もいま帰ったところやけど」

「今日はどっか行ってたの?」

「ちょっと一人で散歩に行ってた」ユキサは楽しげに笑った。「そっちは?」

「俺は」俺はユキサと過ごしていたはずだ。「俺も、一人。本屋に行ったりカレー食べたり」


なにごとも起きていないように、俺の隣に座るユキサがいる。処方された薬を飲んで眠そうにしている。

夫婦で同じ夢を見ているのだろうか。隣にはずっとパートナーがいるという夢なのだろう。

生身のままでは互いに疲弊するだけなのは、確かだろうけれど。


玄関が開く音がした。誰かが出ていく靴音がした。俺とユキサしかいない家なら出ていくのはユキサのはずだが、もしかしたら、ユキサとユキサにしか見えていない俺が『ルビー』に行ったのか、俺が誘って大阪駅に行ったのか。知ったことではない。

寝室が閉まる音がした。俺とユキサのどちらかが寝たのだろうか。でも俺は起きている。寝にいったのはユキサに違いない。もしくは俺にしか見えていないユキサが寝に行ったのかもしれない。

あるいは、俺が寝室に行ったのかもしれない。すると俺は目の前にいるユキサにしか見えていない俺ということなのだろうか。

どちらでもかまわない気がしていた。

俺の肩に頭をあずけたユキサが本物であってほしい気はしている。これだけは、確かだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます