ショートストーリー

きよじろう

第1話 命の値段

とある国の近未来


その国では

誰でもがこの世に産まれた時点で

命の値段が決められる

AIシステムが導入されていた


それは

代々の家柄や家系や

政府への貢献度により

産出された


その国のある地方に住む

ごくごく平均的な値段を付けられた

ある一家での出来事


その一家の祖父は

産まれたばかりの孫娘の事で

毎日頭を痛めていた


産まれつきの難病の治療に

莫大なお金が掛かるのだが

平均的な値段しかついていない一家には

とても払える金額ではなかった


かといってこのままでは

孫娘の命も

ゆっくりと確実に無くなる

線香のように

時間の問題である


悩み抜いた祖父は

可能性が無いことを承知で

自らの命の査定を申し出た


この国では

個人の命を

その時の時価で政府が買い取ってくれる

システムが有った


政府としても

長寿社会で誰でもが長生きをするようになり

社会福祉費用の捻出に苦慮する中

命を買い取った方がコストが削減できる

というメリットに気がついたからだ


この国では

全国民に命の値段が付けられ

全国民の命の値段が毎日

変動するのだ


政府にとって良いことをすれば

値段は上がるし

政府にとって不都合な事をすれば

下がる


全くもって政府がひとの命を

握っていたのである


老い先短い祖父は

自らの命の値段など

いくばくにもならない事を

承知の上で

孫娘の命を救いたい

ただその一心で

命の査定を受けた


すると

祖父の願いが天に通じたのか

あるいは神という存在が実在したのか


祖父の遺伝子を解析すると

今までに発見されていなかった

未知のサーチュイン遺伝子が見つかった


サーチュイン遺伝子とは

飢餓や命の危機の際に生命を守ろうと

発動する遺伝子の総称だ


祖父の持つその遺伝子は

人類でも初のものであり

その遺伝子から細胞を作製し

各臓器を生成出来れば

理論的に二百五十歳まで生きる

事が可能と分かった


かくして

ただ同然と自身でも思っていた

祖父の命の値段は

どんどん吊り上り


孫娘の病気治療費どころか

その一家が十代も存続出来る

程の莫大な値段になったのである


祖父は

人生で最大の喜びに浸りながら

幸せそうに

自らの命を政府に売って

旅立っていった

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます