毒鶉の笑う日まで

文子夕夏

第1話:化ける鳥

 鶉野摘祢うずらのつみねは笑わなかった。両隣に座っていた生徒は不思議そうに彼女を見やる、その内の一人――向山むかやまといった――は「ねぇ」と問うた。


「……何」


「嬉しくないの? 折角なのにさぁ」


 しかし摘祢は何も答えず、黙して目付役の方を見やる。


「は、はい……鶉野さん、四倍付けで花石個、お納め下さい」


 花石、とは彼女達の通う花ヶ岡高校でのみ使用出来る、いわば「校内通貨」であった。


 大した感動も無く行き交う四〇〇個を、名物の巨大購買部の商品で換算すると……例えば「局御膳」と渾名された豪華な弁当、そこにデザートを三品、合わせてジュースを連続一〇日間、何も気にせず食べ続けられた。


「いやぁ、でも強いねぇ鶉野さんって。ここぞって時に……ピシャリと勝つもんねぇ。私、前から凄いなぁって思っていたのさぁ」


 摘祢に無視されたのも気にせず、向山はカラカラと笑って自身の賭けた花石を七〇個、目付役に手渡した。その場にいた生徒達も五〇個、時には一〇〇個と気軽に花石を捨てていく。


 花ヶ岡高校の金曜日、それは殆どの生徒が色めき立つ「打ち場」が立つ日だ。この打ち場を《金花会》という。


《金花会》では大抵の生徒が、少ない花石を持ち寄って気軽に博才の多寡を楽しんだ。だが……時には「大銭持ち」が集い、一般の生徒なら目を眩ませて倒れそうな額を、タンポポの綿毛でも吹くように……ごく気軽にやり取りする日もある。


 この「大尽博打」に好んで参加する生徒は三通りのパターンがある。


 一、貯め込んだ花石の使い道に困った者。


 二、自身の腕を試したい命知らずの者。


 三、一発逆転を狙う一寸先を知らぬ者。


 摘祢は……しかし三パターンのどれにも当て嵌まらない。


 今年で三年生となる彼女は、全く「外道」な理由で上記に類する者達を食い荒らしていた。


 皆、一様に「容易い」から。それだけである。


「それでは《猪鹿蝶》……六局目となりますが、張られる方はいらっしゃいますか」


 目付役の生徒が《八八花》を切り混ぜ、大体四等分にして参加者の前に裏向きで置いた。如何に大尽ばかりといっても、六局目に突入する頃にはが目立った。立ち上がる者、「けんをします」と雑用係を呼び、ジュースを買いに行かせる者ばかりだった。


「鶉野さん、次はやるの?」


 空になった巾着袋をポケットにしまい込む向山は、反対のポケットから膨れ上がった別の袋を取り出した。


「私はもうちょい遊びたいなぁ。付き合わない?」


 やはり何も答えない摘祢は、打ち場を広く見渡した。続いて四つの山をジッと見つめる。


「どしたん? 誰か捜してんの?」


 頷きもかぶりも振らず、摘祢は増えた四〇〇個の花石をそのまま――最右の山に賭けた。向山はニッコリと白い歯を見せ、「そうこなくっちゃ」と最左の山に一〇〇個賭けた。


 狂気的な大張りも、しかし達は「やれやれー」と囃し立てた。細波程度の場で打っていた生徒が数人、目を見開いて場を見つめていた。


 第六局目は摘祢と向山、他二名の計四名で進行となる。各山に一人が張る状況を、観客は好奇の目で見守っている。


「それでは……向山さんから開示を願います」


「いよぉーし、皆見てろよぉ!」


 場を盛り上げる向山。自身の山を掴み、一気に引っ繰り返して場へ叩き付けた。ワッ、と観客達は響めき立った。


「あちゃー! カス札は駄目だってぇ!」


《猪鹿蝶》では四つの山の舐め札(一番下の札の事)によって配当を決定する。光札なら四倍、種札なら二倍、短冊なら等倍返しとなる。しかしカス札が出てしまうと張り手の負け、更に《猪鹿蝶》どれかが出ると、張り手全員の敗北が決定する。


 分かりやすく単純な闘技であった。故に面白味を求めて生徒達は花石を大量に賭ける――摘祢は「花石の集まりやすさ」「打ち手の気楽さ」を好んでいた。


 向山は「花石無くなっちゃうよぉ!」と大袈裟に嘆き、周囲の笑いを誘った。続く山のも笑いつつ、短冊札やカス札の出現に一喜一憂した。


 しかし……摘祢の手番が来ると、観客達の騒ぎは止んだ。


 次も勝てるのか? それとも驕りによって失うのか?


 どちらに転んだとしても、観客は無駄に騒ぐだけだ。熱狂する理由を探していた。例え「他人の不幸」であっても、それで良かった。


 静まり返った《金花会》。摘祢は意に介さず、右手首を二度三度擦ってから、自身の山を掴む。


 目付役、向山、張り手、観客の呼吸が止まった。二秒、三秒……時間が経つに連れて、摘祢以外の人間は息の詰まる思いだった。


 刹那――山を高く持ち上げ、思い切りに場へ表向きに叩き付ける摘祢。


「……っ、流石は鶉野さん! 持っているねぇ!」


 向山の賞賛に数瞬遅れて、観客達は騒ぎ始めた。


「《梅に鶯》――二倍返しです」


 摘祢は差し出された八〇〇個の花石を無表情で見下ろし、近くの「出納係」という腕章を着けた生徒を呼んだ。


「そのまま貯めておいて」


 生徒は慣れた手付きで専用の籠に花石を入れ、長方形の紙に摘祢の名前と日付、花石の総数を書き込んだ。


「確かに八〇〇個、お預かりしました」


 賞賛、畏怖……様々な視線が立ち去る彼女へ集中した。


「鶉野さん、また打とうね!」


 向山の明るい声に、しかし摘祢は振り返らず……足早に《金花会》を去った。




「ただいま」


 両手に掴んだ買い物袋を置いて、摘祢は溜息と共にローファーを脱いだ。


「お帰りなさいお姉ちゃん!」


「お腹減った!」


「お姉ちゃん、録画していたアニメ見たい!」


 バタバタと駆け寄って来たのは三人の弟達だった。一番下の弟を抱き上げ、残った二人に台所まで袋を持っていくよう指示を出す。


「お姉ちゃん、今日はカレー? カレーなの?」


「肉じゃが」


「何で、何で? 同じ人参とかジャガイモあるよ?」


「材料は一緒なのよ。お父さん達はまだ帰って来ていないの?」


「今日も遅いってね、電話あってね。お姉ちゃんに作って貰えって」


 なるほどね――摘祢は袋から三つの菓子を取り出し、それぞれ弟達に配分する。料理を拵えるまでの子守代わりだった。


「お姉ちゃん、録画のアニメ見たい」


「見たら良いでしょ」


「お姉ちゃんと見るから今は見ない」


「じゃあ三人でお風呂入っちゃって。沸かし方は教えた通りだから」


 キャアキャアと騒ぎながら弟達は風呂場に走って行った。


 エプロンを着け、散らかった玩具を箱に入れていく摘祢。


 その時……右袖口からポロリと、一枚の札が落ちた。《梅に鶯》の絵柄が描かれている。


「しまっておかないと……」


 立ち上がり、摘祢は私室に向かって机の前に立つ。札をしまい込む前に、素早く手首を動かすと――。




 札の中心から右側……貼られた「薄紙」がパタンと起き上がり、左側に倒れ込む。すると一瞬にして――絵柄は《桐に鳳凰》となった。




「お姉ちゃーん! 水しか出なーい!」


 今行くから、と大声で返事をする摘祢。本棚に置かれたオルゴールの蓋を開くと、物憂げな曲が流れ出す。中には小物を入れるスペースがあり、引き出しの鍵が入っていた。


 鍵を取り、机の引き出しを開けると……。


 大量の「忌手イカサマ」道具が並んでいた。


 摘祢は空いた区画にを入れ、再び施錠する。オルゴールは鍵を収納し、閉じて切なげな音を切らす。


 壁に貼られた写真を一瞥した摘祢は、風呂の入れ方を再度教えてやるべく弟達の元へと向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます