生命保険と宇宙の揺り籠(週間ランキング最高5位)

目が覚めたら宇宙船だった。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054889226883

★37 409 PV (116 PV/話)

4,779文字 SF


妻に勧められ、生命保険に入ることになった私。

どうやら積立式で、老後も年金としてお金を受け取れるらしい。


よくわからないまま流れで契約を結んだ夜、私は変な夢を見た。


もやもやを抱えたまま眠りについた一人の人物の、おかしな夢の物語。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます