第46話 未遂とJK②

 ひまりは濡れた髪をタオルで拭きながら、ドライヤーのコンセントを挿す。

 俺はテレビを見る振りをしながら、横目でひまりの様子をうかがう。


 奏音が言うには、帰ってからひまりの様子がおかしかったというが――。


 先ほどの奏音とのやり取りは、いつもと同じような雰囲気だった。


 と思い出している内に、ひまりはドライヤーのスイッチを入れ、髪を乾かし始めた。


 俺はテレビに視線を移す。

 あまりジロジロ見ると怪しまれてしまうだろうからな。


 先ほどまでやっていたドラマはちょうど終わったらしく、今はニュースをやっている。


 ひまりの方に注意を向けつつ、俺はしばらくテレビを眺めていた。



 


 ひまりがドライヤーにかける時間は長い。

 大体10分前後はかかる。


 これはひまりだけでなく、奏音もそうなのだが。

 髪が長い女性は乾かすのが大変そうだな――と見る度に思う。


 ドライヤーのスイッチを切ったひまりは、櫛で髪をきながらはぁ、とため息を吐く。

 そのため息は、まるで鉛のような重たさを感じるものだった。


 これは、確かに――。


「どうした?」

「えっ?」


「そんなに大きなため息を吐くようなことがあったんだろ?」

「い、いや……その……」


 ひまりは嘘をつくのが下手だな、と思う。

 反応がいちいち正直だ。


「……バイト先で何かあった?」

「そっ、それは――」


 おもいきって切り込んでみると、ひまりはそこで露骨に目を逸らす。


 やはり、とてもわかりやすいな……。


 人が仕事先のことで悩む時は、業務内容より人間関係のことが多い。

 だから俺はそっち方面に絞って聞いてみることにした。


「嫌がらせでも受けているとか」

「そ、それは違いますよ! みんな良い人です!」


「じゃあ何が理由だ?」

「うっ――」


 ひまりは小さく呻いた後、大きく肩を落とす。


「……実は、その……バイトの先輩に告白されてしまったんです……」

「え?」


 さすがにその返答は予想していないものだった。

 思考が一瞬フリーズする。


 でも確かに、ひまりは客観的に見て可愛い方だからな。

 しかも愛想が良くて人懐こいときた。


 そう考えると、ひまりが異性に好かれるのは何ら不思議ではない。


「それで浮かない顔をしているってことは、嫌な奴なのか?」

「いえ。むしろ優しくて良い人です。でも、私は――」


 ひまりはそこで顔を上げ、俺の目を見つめる。


 そして、沈黙。


 でも、目は逸らさないままで。


 ひまりの目は、僅かに潤んで揺れていた。

 なぜか俺は、その目が綺麗だなと思ってしまった。


 同時に、彼女の胸の内が読めてしまった。


「私は、駒村さんのことが――」


 ……ダメだ。

 いけない。

 それ以上は言うな。


 俺は咄嗟に心の中で願っていた。


 言葉に出してしまったら、崩れてしまう。


 この生活が、この三人の関係が、間違いなく崩れてしまう。


 波打ち際に作った砂の城が、ゆっくりと海水に浸食されていくように。


 俺は耐え切れず、ひまりから目を逸らした。


 逃げた。

 それが今は正しいと思ったから。


 しばしの間沈黙が続き――。


 そのタイミングで、風呂場のドアが開く音がする。

 奏音が風呂から出てきたのだ。

 今日はシャワーだけにしたのだろうか。やけに早い気もするが、そのおかげで助かってしまった。


「ご、ごめんなさい……。あの、何でもないです……」


 ひまりは立ち上がると「……絵を、描きます」と小さく呟き、逃げるように俺の部屋に行く。


 安堵している自分のこの感覚が本当に正しいのか、今はわからなかった。






 就寝時間になるまで、ひまりは俺の部屋から出てこなかった。


 奏音に「ひまりの様子はどうだった?」と聞かれたが、俺は「確かにいつもより元気がないように見えるが、理由はわからない」とだけ答えた。


 先ほどのひまりとのやり取りは、なかったことにしたかったのだ。


(――それで本当にいいのか?)


 疑問が掠めていくが、それでいいのだと自分に言い聞かせた。






 真っ暗な部屋。

 ベッドの中で、俺は何度目になるかわからない寝返りをした。


 なかなか寝付けない。


 先ほどのひまりの切なそうな顔が、頭の中をぎっては消えていく。


 ダメだ。思い出したらダメだ。

 何か別のことを考えないと。

 考えて、そしていつの間にか意識がなくなっているのがベストなのだが――。


『キスしたことってあるの?』


 不意に、奏音の言葉が脳内でリフレインした。


 なぜこのタイミングでその言葉を思い出すのか。

 人の脳ってわからない。


 それでも俺の記憶の回路はどんどん広がっていき――。


 ……確かに、したことはない。


 今まで女性と付き合ったことがないから。


 ないけど――。


「手は、繋いだな……」


 突然、思い出した。

 小学生の時に、友梨と。


 それは学校からの帰り道。

 寒い時期だった。


 石を蹴ったり、ジャンケンで勝った時だけ数歩進める――と遊びながら帰っていると、すっかり日が暮れてしまって。

 人通りが少ない暗くなった道を、二人並んで帰っていた。


 さすがにここまで暗くなると、俺と友梨も「ヤバい」ということはわかってしまって。


『暗くなっちゃったね』


 沈黙に耐えかねたのか、友梨がポツリと呟く。


『うん』


『お母さんに怒られちゃうかな』

『……そうだな』


『やだなぁ……怖いな……』

『……うん』


 友梨の言葉につられ、俺は自分が親に怒られる姿を想像して憂鬱になった。

 しばしの沈黙の後――。


『……手、冷たいね』


 突然、友梨が俺の手を握ってきた。

 とてもびっくりして恥ずかしかったのだが、俺はその手を振り払わなかった。


 同時に、自分の胸の内にくすぐったい何かが生まれかけたけど、すぐに見ない振りをした。


 友梨は怒られることが怖いという心を誤魔化したいのだ――と咄嗟に考えた。


 そして、確かに俺の手は冷えていた。

 友梨の手はもっと冷たかった。

 だから、少しでも暖を取るためにこんなことをしたのだと考えた。


 でも20年近く経った今、俺はようやく気付いた。

 いや、ようやく目を逸らさずに見られるようになったと言うべきか。


 あの時友梨が手を繋いできたのは、怖かったからでも寒かったからでもない。

 それは理由付けでしかなくて。

 きっと言い訳のようなもので。


 友梨は、ただ純粋に――。


「………………」


 あの日以来、友梨とは手を繋いでいないし、向こうも何も言ってこなかった。


 そして、今はどう思っているのか――――って、ダメだこれ以上は。


 そもそも20年近く前のことだぞ。今頃考えてどうする。


 急に照れくさくなってしまった俺は、頭から布団をかぶって目を閉じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます