第5話 要望を言うJK

 ピザを待つ間、奏音が俺に1枚の紙を渡してきた。


 学校のプリントかと思ったのだが、ルーズリーフに手書きの文字で数行に渡り何かが書かれている。


 女子高生らしい丸文字かと思いきや、案外しっかりした丁寧な文字で見た目とのギャップを感じた。


「これは?」

「家に置いて欲しい物のリストを書いた。帰ってくるまで暇だったから、部屋の中を見て回ったんだよね。色々と足りないなって」


 奏音の言葉に一瞬ドキリとする。


 ……いや。女子高生に見られてまずい物は置いていないはずだ。落ち着け。


「あ。さすがにクローゼットの中とか、プライベートな所は見てないから。外から見える範囲だけ。いやぁ、エロ本とかそこらに適当に置いてあると思ったんだけど、さすがにそれはなかったね」


 俺の心を読んだかのようにニヤリと答える奏音。


 何てことを言うんだ。

 お前は子供部屋を勝手に掃除する母親か?


 ひまりは『エロ本』という単語に照れてしまったのか、顔を赤くしながら下を向いている。


 これでは俺がセクハラしたみたいじゃないか。やめてくれ。


 まあ今の時代そういうのはネットで事足りているので、クローゼットの中だろうがベッドの下だろうが、見られても平気なんだけどな?


「冗談は置いといて。正直に言うと、男の一人暮らしってここまで雑なんだなって」

「雑?」

「たとえばあれ」


 そう言って奏音が指差したのは、リビングのカーテン。


「紺色で落ち着いた雰囲気だと思っているが」

「違うよ。色のことを言っているわけじゃない。1枚しかないでしょ? レースカーテンがないじゃん」


「遮光カーテンだし、別に必要ないと思ったから付けていないだけだ」


 こういうインテリアにはあまり興味がないので、そこにお金をかけたくないという理由もある。


 会社で経理部所属の俺としては、無駄な出費はできるだけしたくない主義だ。


 だが俺の返答に奏音は少しムッとした。


「昼間もカーテンは閉めっぱなし?」

「いや、開けている。太陽光は大切だ」


「じゃあ外から丸見えじゃん」

「そうか? ここはマンションの3階だし――」


「たぶん、向かいのマンションからは見えてるよ」


 マジか。

 俺は思わずカーテンを開き外を見る。


 だが、見えるのは夜の闇に反射する自分の姿と、雨による無数の水滴。


 窓に顔を近付けると、ようやく外の様子が見えた。


 奏音の言う向かいのマンションを見てみるが、カーテンの隙間から洩れる光が見えるだけで、ここからは中が見える部屋はない。


「夜にカーテンをしていないと外から丸見えなのはわかると思うけど、昼間もカーテンがないと見えるんだよ。うちの向かいのアパートのおじさんが、毎朝筋トレしてるの見えてたし。でもレースカーテンがあるだけで全然違うの。アレ、薄いけどちゃんと役立ってる」


「そうなのか……」


 正直なところ、今までの人生で『外から家の中が見えている可能性』を特に気にしたことがなかった。


 だがこれから女子高生二人と一緒に暮らすとなると、そこは無視できないだろう。

 早急に用意する必要がある。


 しかし、雑、か…………。


 奏音の言葉が自分の中に染み込んでいくのを感じる。

 いや。一般的な一人暮らしのサラリーマンの感覚はこんなものだろ。


 気を取り直して奏音が書いたリストに目を落とすと、『レースカーテン』の下には『ほうこう剤』とある。


 これは芳香剤か。漢字がわからなかったのだろうな。


「部屋はそうでもないんだけど、玄関が何かにおうんだよね」

「………………」


 俺にとって殺傷力がありすぎる言葉だった。


 だから今朝、奏音は家に入った瞬間顔をしかめたのか……。

 まあ確かに体は毎日洗っているが、靴まで洗っているわけではない。


 ということは、ひまりもそう思ったってことか? 今日だけでなく、宅配便を受け取る時とかも?


 …………これも対策しないとな。


 それにしても、匂いについての言及はなかなか心にダメージを負うものだということを学んだ。

 自分では気付かない部分だからか。


 そして次の行に書かれていたのは『掃除ブラシ』。


 何のブラシだ? トイレには置いてあるのだが。


「それね。お風呂を洗う洗剤はあるけど、ブラシが置いてなかったから」


「風呂はシャワーで済ませている。シャワーが済んだ後に洗剤を吹き付け、泡を流して掃除は終了だ」


 水道料金を考えると、毎日浴槽に湯を溜めるのがもったいないという意識がある。


 時間効率的に、自分が入った直後に洗うのが一番良いという結論に至った。


「たぶん、少しはブラシで擦った方がいいよ。でないとぬめりが残るから」

「……そうか」


 そこも容赦なく切り込まれてしまった。


「それで次なんだけど――どうしたの? 私の顔に何か付いてる?」


 思わず奏音の顔を見つめていたら、怪訝な顔をされてしまった。


「いや、しっかりしているなと思って」

「そ、そんなことないし。これくらい普通だし」


 特に奏音はひまりと比べても『軽い』印象の容姿をしているだけに、ここまで家庭的な面を出されるのが意外だったのだ。


 ……よく考えてみたら、ずっと叔母さんと二人暮らしだったわけだもんな。しっかりせざるをえないか。


「ううん、私も奏音ちゃんはしっかりしてると思う。私だったら気付かないことばかり……すごいよ」

「ひ、ひまりまで。やめてよー……」


 奏音はひまりの腕を掴み、なぜか揺さぶり始めた。


「雑な照れ隠しだな」


 俺のひと言に、赤い顔のままキッと睨んで来る奏音。

 これくらいはやり返しても罰は当たらないだろう。


 ………………いや、子供か俺は。女子高生と張り合ってどうする。


 そのタイミングでインターホンが鳴った。どうやらピザ屋が来たみたいだ。


 奏音の顔が一瞬ぱあっと明るくなるが、俺と目が合った瞬間むくれながら横を向いた。


 しばらく触れるのはやめておいた方が良さそうだな。


 俺は鞄から財布を取り出し、玄関へと向かう。

 そういえばピザを頼むのって、弟が出て行ってから初めてだ。一人で食べるには高いんだよなピザ……。


 久々の出費に、でもどこか心が弾んでいる自分もいた。








 Lサイズのデラックスピザはすぐになくなった。


 奏音とひまりは満足したようだが、俺は正直なところピザだけでは物足りなかったので、おまけで付けてくれていたポテトの存在がありがたかった。


 奏音とひまり用に、ペットボトルのウーロン茶も3本ずつ購入した。


 うちに置いてある発泡酒以外の飲料が、水しかなかったからだ。おかげで結構な出費になってしまった。


 宅配の飲料って高いんだよな……。


 俺は自分で紅茶やコーヒーを作って飲むといった習慣がないので、その辺りの飲料も後々買った方がいいのか?


 二人は毎日、何を飲んでいるのだろうか。後で聞いてみるか。


 それにしても、普段は全く意識していなかった自分の生活のことを、この短時間で色々と考えさせられた。


 これが他人と一緒に暮らすということか……。


 そんなことを考えながら、冷蔵庫から取り出した発泡酒をいっきに半分ほど飲み干した。

 やはり冷えた発泡酒の方が美味い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます