風に舞う言葉たち

作者 あいる

第37話☆薔薇の花束」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 花が勿体ないよー。花だって必死で生きてきたんだよー。農家の人が頑張って育てたんだよー。
    と言う感想で一杯になってしまいました。花に罪はないんやで……。

    うん、私にドラマチックな恋愛小説を書く感性はないな。

    作者からの返信

    にゃべ♪さん

    テレビの撮影かと思いましたよ~

    衝撃でした。

    2019年10月4日 20:31

  • あいる様、コメント失礼いたします。

    前話の「指輪」では山下氏は予言者だと確信しました。
    今回のお話では、あいる様は小説家だと確信しました。そのワンシーンでこれだけの妄想…想像をなさるとは!
    それにしても、そのイケメン…いいですなぁ(#^^#) 自分(自分が男だったとして)がその場にいたら、
    「俺じゃダメか?」と後ろからそっと抱きしめて耳元で囁く…こんな妄想をする腐女子でしたm(__)m

    作者からの返信

    さやこさん

    妄想だけは負けませんよ~

    大人のイケメンだったんだけどね

    ぜひともハグしてあげて下さい(爆)

    2019年8月21日 22:40

  • 掃除のおばちゃん、その花束持ち帰ったかな(笑)

    作者からの返信

    どうなんでしょうね

    持って行ってくれたらいいですね、せっかく綺麗な花を咲かせたのですから

    2019年7月27日 08:40

  • ((( ;゚Д゚))) なんと もったいない。
    いや、しかし、(´;ω;`) 悲しいドラマだわ。

    作者からの返信

    みるくさん

    恋とは残酷なものでもあるからね
    あの場面は一生忘れられないと思います

    2019年6月25日 23:52

  • 阪急付近でそんな事件が起こっていたなんて(笑)
    私も見たかったですそのシーン(´▽`*)

    作者からの返信

    不破さん

    でしょ?
    決定的瞬間でしょ( *´艸`)

    30本はあったよ薔薇の花

    幸せになってるといいのですが…

    コメントありがとうございました!

    2019年6月25日 22:07