第47話 成績表を見てみよう。


 成績表と言えば、一番に思い浮かべるのは、通信簿だよね。

 わたしは、平均以下をうろうろしてたから、嬉しい代物じゃなかったけど。

 でも、人の成績表を見るのも、楽しいものとは言えなかったんだな。



「ソフィーヌ寮長様より、お手紙を預かっております、ショコラ様。ユーレカ様とサルトーロ様、御二方の成績表と門系図もんけいずをお貸し下さるそうでございます」


 お昼寝から目覚めた午後、パメリーナに渡された封筒は大きくて、お手紙というより、資料という感じだった。お茶会が、『教養』の補講に変わった後は、お昼までかかっちゃって、誓タウリに誓いは立てたものの、結局、個人情報を聞く時間はなかったの。それで、「この件は、また後日に話し合いましましょう」と言われたんだけど、情報は先にくれたということね。ソフィーヌ寮長にしては、対応が早いな。それだけ、あの姉弟のことを心配しているんだと思うけど。


「マルガネッタを呼んでくれる? それと、オランダスが来たら、ちょっと待っていてもらって。今日は、外出するのが遅れるかもしれないから。待っている間に、お茶でも出してあげてね」


 封を切って、中身を取り出しただけで、手に負えないのがわかったわたしは、すぐさま、秘書官の助けを求めることにした。成績表らしき厚紙が二枚と、八角形に数字と記号が書き込まれたレーダーチャートみたいな図表が二枚入ってるけど、見方が全然わからないよ。どうせ、ソフィーヌ寮長も、マルガネッタが見て、わたしに説明すればいいと思っているんだろうけどさ。


「かしこまりました。ショコラ様も、お茶をいかがですか。それとも、ジュースになさいますか」

「お茶でいいわ。あまり甘くしないでね。マルガネッタの分もお願い」

「それでは、お菓子もご用意いたしましょう。ショコラ様は、もう少し、糖分もお摂りになりませんと、ご成長が遅れてしまいますよ」


 わたしに、水分とカロリーを詰め込もうとするパメリーナとの攻防は、連日連夜続いている。竜気の強いわたしは、王族としても、成長が遅い方らしいのね。それを心配してくれてるのはわかるし、気持ちはありがたいんだけど、不味い物は不味いんだって。これでも、できるだけ、甘みを抑えて、薄味にしてもらって、量を増やす方向で、がんばっているのよ。わたしだって、身長は伸びて欲しいしさ。


「これは、『要返却』で、この単語は、『転記不可』かな。うーん。この八角形は、たぶん、八門を表してるよね。ってことは、こっちが、神通力の検査結果なのかな。あれ? なんで、二枚あるんだろ。サルトーロ王子って、まだ6歳だよね。最初に基礎検査を受けるのは、8歳って言ってなかったっけ……?」


 ぶつぶつ言いながら、四枚の資料を見比べていると、マルガネッタがやって来たので、挨拶を受けるのもそこそこに、丸投げすることにした。解読するより、解説してもらった方が、早いし確実だもんね。


「詳しくご説明するのと、簡単にまとめてお話しするのと、どちらの方がよろしいでしょうか、ショコラ様」


 ざっと目を通しただけで、理解したらしいマルガネッタに聞かれて、わたしは、ちょっと考えた。はっきり言って、成績の話はどうでもいいよね。それは、マルガネッタが把握しておくべき情報というだけ。わたしとしては、ユーレカに、どんな援助ができるのかを知りたいだけなんだから、あんまり意味がない気がする。詳しく聞くと、時間がかかりそうだしさ。聞きたいことができたら、そのときに、また聞けばいいだけじゃない?


「簡単な方でお願い」

 マルガネッタは、『わかりました』と一回瞬きすると、説明を始めた。これで、簡単な方なら、詳しいのはどれだけ長いんだよって勢いの話しっぷりで。


「ユーレカ様は、【心話】の基礎力をお持ちで、共感波が強く、多少の【交感】も使えるようです。ただし、竜気量は、王族の平均水準で、竜気はさほど強くありません。学習の方の成績は、『計算』と『音楽』だけが、最高水準ですが、他は、思わしくございません。教官がつかない期間の方が長くて、独学するにも限界があるのでしょう。8歳までに修得されるべき、『作法』や『教養』も、三ノ宮国とは、内容が違うために、充分身についているとは言えない状況のようです」


 座学の成績が良くないのは、ユーレカからも聞いていたけど、肝心な『作法』や『教養』も駄目となると、四級侍女だって務まらないよね。まぁ、早くても16歳にならなきゃ、見習いにもなれないわけだから、焦る必要はないけど。

 でもさ。どうせ、これから教官をつけて、みっちり勉強させるんだったら、専門職の方がいいと思わない? きっと、お給料だって、その方が高いよね?


「【心話】が使えるなら、何か専門職を目指せるのじゃない?」

 わたしの期待は、一瞬で消えてしまった。マルガネッタから、『否定』の左目二回ウインクが返ってきちゃったの。えー、どうして、駄目なのよ。


「心話力者の専門職は、ほとんどが、外帝府や内帝府の所属となります。そのため、残念ながら、三ノ宮国に籍のあるユーレカ様には、門戸が閉ざされております。ですが、サルトーロ様の方は、既に、除籍されているとのことですから、念動力者として、仕官する見込みがあるかもしれません。幼いとはいえ、これだけ傷害事件を起こしているので、推薦を取れる可能性は低いでしょうが、竜気量が多く、竜気も強いので、今後の訓練次第では、良い成績を上げることもできると思われます。ただし、学習の成績は、現在、最低水準で、ほとんど授業を受けていないようです。神通力の方は、教官自体が任命されておりません。保護者であるユーレカ様に、神通力者を招聘しょうへいする財力がないためでしょうが、竜気の制御方法すら学んでいない初歩段階なのです。このまま放置していては、周囲のみならず、サルトーロ様ご本人にとっても、危険だと言わざるを得ません」


「わたしが、サルトーロ様の方も、何とかしなくちゃならないってこと?」

「それは、ショコラ様の御心次第おこころしだいでございます」

 まぁ、そうだけど。確かに、そうなんだけどさ。何だか、こう、モヤモヤしちゃうんだよねぇ。転生してから、やたらと面倒事が降りかかってきすぎじゃない? 次から次へと。わたし、茉莉花人生ぜんせで、それほど悪行を犯したつもりがないんだけどな。どうして、難行苦行満載なんぎょうくぎょうまんさいな、波乱万丈はらんばんじょうの人生に突入しちゃったんだろう。


「そうね。だけど、どんな選択肢があるのかわからないことには、心も決められないわ。さっき、いくつか方策があるって言ってたでしょ。あなたの考えを聞かせてちょうだい、マルガネッタ」

 さぁさぁ、出し惜しみはしないで、どんどん話して。取り敢えず、お金の問題は棚に上げておいてさ。限度額を先に決めちゃったら、話が進まないじゃないの。


「ユーレカ様をご援助する選択肢は、大別しますと、四つございます。一つ目は、ユーレカ様を雇用し、弟君の面倒はみない方法。二つ目は、サルトーロ様の方を雇用し、姉君には、自立して生活していただく方法。三つ目は、ユーレカ様と、サルトーロ様を御二方とも雇用する方法。そして、四つ目は、ユーレカ様をロムナン様に雇用してもらい、サルトーロ様をショコラ様が雇用する方法でございます」


「ロムナンに、ユーレカ様を雇用してもらうっていうの? それは、いくらなんでも、無理でしょう。あの子に、そんな余裕はないじゃないの」

 最初の三つはわかる。でも、四つ目は、皆目わからないって。一体、どこから、その発想が出てくるのよ。ロムナンだって、貧乏なんだぞ。わたしが援助しなきゃならないくらいに。管財人が、ユーレカを雇う費用を出してくれるわけないよ。


「もちろん、表向きの雇用主というだけのことで、実際は、ショコラ様から、資金援助をされることになります」

 わたしの『無理無理』竜気に、マルガネッタは、珍しく動じることなかった。何が、『もちろん』なのよ。それじゃ、結局、わたしが雇うってことじゃないの。三つ目と四つ目の、どこが違うっていうわけ? もしかして、聖数の4つにするために、わざわざ分けただけだったりしてさ。やりかねないよね、竜眼族なら。

 わたしは、溜息をつきながらも、マルガネッタにお願いするしかなかったの。

「もう少し、詳しく説明してちょうだい。わたし、よく理解できていないわ」


 マルガネッタの説明は、長くて、難しくて、質問するごとに、更に長くなって、結局、午後の外出はとりやめることになった。テリーの竜舎に行きたかったんだけどな。昨夜も、ロムナンが帰って来なかったから、どんな様子か確認もしたかったのに。まぁ、何か問題があれば、ソラが知らせてくれることになってるから、それほど心配はしてないけどさ。オランダスにも、見てきてくるように頼んだし。


 今は、ユーレカをどうするか決めなくちゃ。借金の利息が雪だるま式に増えて行っているっていうんだもん。一日でも早く、解決した方がいいよね。

 で、その解決策だけど、午後いっぱいかけて、やっと、に絞られたの。参ったね。やっぱり、聖数からは、逃れられないの。わたしまで、強迫神経症になりそうだけど。とにかく、まとめると、こうなったのよ。



その1。ユーレカをわたしの教官として雇う。三ノ宮国語を教えてもらうという名目で。ただ、これだと、お給料をそれほど出せないのが、マイナス点。でも、プラス点もある。わたしが授業を受けるときに、同席させれば、独学しないですむってこと。わたしは、学習進度が早いので、3歳年上のユーレカが一緒でも、それほど問題はないはずだけど、これは、ソフィーヌ寮長の意見を聞く必要があるわね。


その2。サルトーロを将来わたしの護衛として雇うのを前提に、訓練費用や生活費を貸す。神通力者の教官を個人的に呼ぶのは、ものすごく高くつく上に、基礎訓練だけでも、最低四年はかかるらしいの。もし、武術とか他の特殊技能を学ばせるつもりなら、その専門の教官も頼む必要があるから、テリーを買うくらい大金を出す覚悟がいるんだって。だから、わたしの『御心次第』ってことになるわけ。


その3。その1とその2を両方併用すること。ユーレカを雇うだけでは、サルトーロ分の借金が増えていくことになるけど、弟のことまで雇うと約束していないし、自分でどうにかしろと言うことはできる。わたしには、言えないけど、選択肢としては残るの。逆に、サルトーロだけ援助すればすむかもしれない。ユーレカ一人なら、何とかやっていけるかも。三ノ宮国に帰る気になるかもしれないしね。


その4。ユーレカをロムナンの教官として雇う。竜語症の子供と【心話】の話し相手を務めるという名目で。もちろん、これは、相性の問題もあるし、まずは、【交感】で、意思疎通できるかどうかが鍵となってくるの。ユーレカは、王族のわりには竜気がさほど強くないから、ロムナンの側にいられるかどうかもわからない。でも、攻撃系の弟を扱いなれてるから、意外と上手くいくかもしれないよね。


 ただし、それでも、問題はある。ユーレカがロムナンの側付きとなって、焼き餅を焼いた弟が、余計に手がつけられなくなるのはまずい。野放しにはできないから、わたしの管理下に置いて、その2を併用する必要があるっていうのよ。ユーレカに出す教官のお給料は、わたしが雇う場合より、ずっと高くなるし(障害児の世話のが大変だから)、概算すると、これが、一番費用がかかる方法になるみたい。


 正直なところ、その4は、あんまり乗り気になれないな。まぁ、お金を出すのはいいとしても、サルトーロを管理するっていうのが、メチャ面倒くさいよ。今だって、結構、忙しいのにさ。テリーを盗もうとした子供のために、自分の時間や労力をかける気になれないの。普通の子なら、まだしも、あのポルターガイストだよ。何をやらかすかわからない心配と、やらかしたときの後始末をしなくちゃならなくなるわけなんだよ。そう考えただけで、うんざりげっそりしてくるって。


 でも、まずは、サルトーロに会ってみないことには、話にならないかな。プライドの高そうな王子様は、護衛になるなんて嫌だって言いそうだし、気絶させたわたしを憎んでいるかもしれないもんね。その場合は、その2とその3とその4は、選択肢から外れる。わたしだって、敵対的な子供の面倒なんか見てやる気にはなれないし。経済的にも、心理的にもね。つまり、その1しか残らないわけ。


 もし、サルトーロが、誓神殿に行くよりは、わたしに仕えた方がマシだと思ったとしても、お互いの相性が悪かったら、護衛になるという前提が成り立たなくなるんだよね。ユーレカとロムナンの相性も確認しなくちゃならない。なにしろ、竜眼族は、竜気が命。感情波が反発しあったら、それまでなんだよ。


 あぁ、そうすると、サルトーロとロムナンも、一応、仲直りさせとく必要があるかも。出会いがアレだから、相性がいいとは思えないけど、ユーレカを通して接触が増える可能性がある以上、不安材料はつぶしておかないとまずい。『混ぜるな危険』な二人の竜気反応をみるのは、怖いけどねぇ。うーん、大丈夫かなぁ。


 けど、実際に、ご対面させる前に、ロムナンが、サルトーロのこと、どう思っているのか聞くのが先だよね。もし、ロムナンが大嫌いだと言うなら、サルトーロの方は、すっぱり切り捨てる。わたしが大事なのは、ロムナンで、次がユーレカ。サルトーロは、どうでもいいというわけじゃないけど、自分の弟に我慢させてまで、他人の弟の面倒を見る筋合いはないよね。よし、方針決定。これで行こう。


「マルガネッタ。資料は、ソフィーヌ先生にお返しして来てちょうだい。お礼を申し上げて、次にご相談できるのが、いつになるかも聞いてくれる?」


 夕方までかかった解説に、ぐったりしながらも、わたしは指示を出した。借りた資料は、少しでも早く返した方がいいし。それに。ソフィーヌ寮長は、今、ユーレ姉弟の宿舎で、寝泊まりしてるの。パメリーナが来るまでは、わたしの宿舎にいたんだけどね。面会予約をとらないと、四日後の『作法』の時間まで会えないのよ。


「ショコラ様のご希望も、お伝えした方がよろしいかと存じますが。もし、お急ぎでしたら、本日の夕食後にでも、お願いしましょうか」

「いえ。さすがに、今日はもう疲れたから、明日以降ね。午後なら、いつでも空けますとお伝えして」

「かしこまりました。それでは、お届けに行って参ります」

「もうすぐ夕食なのに、悪いけど、よろしくね」



 マルガネッタをこうして送り出したとき、わたくしは、脳味噌も、身体も疲れ切っていて、大仕事を終えた気分でございました。


 しかしながら、この日のメインイベントは、この先に、待ち構えていたのでございます。

  

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます