第41話 三ノ宮国の王子様。


 小さい頃、宮家というのは、日本の王家なのだと思っていた。

 でも、ちょっと違うよね。宮家は、国にいくつもあるから。

 もしかしたら、称号とか、位に近いのかも。


 こちらの宮家ぐうけは、予知力者とその血を受け継ぐ子孫を意味するみたい。

 予知力は、七門系の神通力だから、艮門系の帝竜国には、生まれにくい。

 宮家のほとんどは、宮国群みやこくぐんと呼ばれる、海外の島々にあるんだって。



「無礼者! 我は、三ノ宮国の王子なるぞ。そこ退けい!」

 時代劇の台詞のようなわめき声が聞こえて、わたしは、瞬きをした。五回くらい。声は偉そうで、ふんぞり返ってる姿まで見えそうだったけど、甲高かんだかくて、威厳いげん貫禄かんろくもない。これ、癇癪かんしゃくを起してる我儘わがままな子供以外の何者でもないね。


 でも、王子? 帝竜国の王子っていうと、八外王家はちがいおうけの後継者候補だよね。確か、成人しないと選ばれなかったはず。明らかに、今のは、20歳過ぎてる男の声じゃない。変声期前なのは間違いないし、癇癪具合かんしゃくぐあいからして、『作法』のお勉強が身についていないこともわかる。となると、たぶん、8歳以下だな。


「誰か来ているようですけど。連絡は受けてますか、オランダス?」

 竜車を降りるところだったわたしは、足台を置いて、片膝をついているオランダスに聞いてみた。念のために。連絡を受けたら、とっくに話してくれていたことはわかっているけど。それでも、現に、誰かいるわけだから、見学者なのか、侵入者なのか、はっきりさせておきたいでしょ。心構えが違って来るもの。


 オランダスは、わたしの御者兼護衛で、竜育園の訪問客や業者の出入りなどを把握している。それで、王族や貴族の男性が来訪する予定がある日は、午後の外出を控えることにしてるの。どこかで、バッティングすると面倒なことになるからね。女性王族がここにいると知られて、婚約希望者が殺到されても困るのよ。


 もっとも、最近、わたしの行動半径は狭くて、テリーと番竜組のいる(ロムナンも、半ば住んでる)、この竜舎に来るか、調教してるところを見るために、訓練場に行くくらいなんだけど。竜舎も訓練場も借り切っている(賃貸料に大枚出して)から、私有地扱いで、関係者以外立ち入り禁止になってるしさ。今まで、知らない人と遭遇そうぐうするようなことはなくて、あまり人の眼を気にしなくなっていたのよね。


「連絡は受けておりませんが、何分なにぶん竜育園こちらにお住まいのお子様でいらっしゃいますので……。ショコラ様やロムナン様と同じ、第十七王寮幼年科のお一人でございまして、モニカ宮家のサルトーロ王子様と申されます」


 そうか、第十七王寮幼年科には、わたし以外に、3人いるって話だったもんね。宿舎も教官も別だし、紹介されたことすらないけど。どこかで、ひょっこり出会っても、おかしくはない。むしろ、今まで、一度も会わなかったことの方が不思議なくらい。いくら、竜育園が、広大な敷地面積を誇っていると言っても、同じところに住んでるわけだしさ。もしかして、王寮って、わざわざ宿舎を離して建てるものなのかな。幼児同士を引き合わせたくないとかで。


「そうですか。その王子様と、わたくしは、会っても大丈夫なのですか?」

 わたしは、竜気の制御力を学ぶまで、竜育園ここから出られないことになっている。それは、周りが危険だからで、なるべく人とは、関わらないように言われているんだよ。ロムナンは別。あの子は、わたしより危険人物だし、わたしがついていないと、更に危険度が上がりかねないから、同居が認められたの。外帝陛下に。


 それで、余計、ぼったくられる羽目になったけどさ。わたしの宿舎に、ロムナンの部屋を用意して、専属の侍女と護衛を雇わされたのよ。もともと、ロムナンの宿舎にあった私物や食器に使えるものはあったけど、その移動費用は持たされたし。成長期だから、衣服とか靴とか新調しなきゃならないものも多いのに、全部、わたしが立て替えさせられたんだよ。なんで、わたしが?――って思うよね。


 理由は、帝竜国の相続法にあったの。ちょっと長くなるけど、こういうこと。



その1。 女性王族には、一姓の財産の相続権がある。(男性王族は、四姓)


その2。 但し、そのうち、四分の一は、王族税として、帝家に貸し出す。


その3。 更に、四分の一は、一姓の共有財産として、管財人が運用する。


その4。 残り半分が、嫡流子孫により等分され、私有財産となる。


その5。 個人の私有財産のうち、毎年、四分の一を分割調整費とする。


その5。 分割調整費とは、相続人が増減した際、分割し直すための元本である。


その6。 私有財産は、満4歳で、相続手続きが取られ、管財人が決められる。


その7。 4歳以降の生活費、教育費、その他の費用は、私有財産から支払う。


その8。 私有財産の少ない王族は、帝家より、必要なだけ借り入れられる。


その9。 4歳から、成人するまでの支出総額を相続税として、帝家に支払う。


その10。 相続税を支払い終わるまでは、管財人を通さない支出はできない。



 財産管理と徴税方法については、他にも、覚えきれないほど、細かくいろいろあるけど、今の話に関係あるのは、その7とその9。


 8歳のロムナンにも、当然のことながら、私有財産があるわけよ。でも、管財人が、できる限り支出を抑えようとしているの。もともと、ロムナンの四姓は、軍人の家系で、共有財産が少ない方らしい。逆に、相続人は多くて、均等割りされた取り分は、もっと少なくなってしまう。

 そして、その総額では、ロムナンが一生食べて行けるかどうかわからないんだって。何しろ、ロムナンは竜語症でしょ。自分で稼げるようになる見込みはないと思われてるわけ。しかも、竜眼族の王族は、長生き。個人差も大きくて、二百年生きるか、三百年生きるかもわからないのに、浪費する余裕はないってことよ。

 特に、未成年の間は、できるだけ節約する必要がある。20歳の誕生日を迎えるまでに支出した金額が多ければ多いほど、相続税が高くなっちゃうから。その分、私有財産が目減りして、成人した後の生活が、もっときつくなっちゃう。


 でも、これって、わたしにも適用される話だよね。それなのに、どうして、みんな、どんどん支出させようとするかな。相続税を増やそうとする陰謀なんじゃないの。わたしの管財人は、ぼったくり外帝陛下の回し者かよ。そう疑ってしまっても無理はないと思わない? 

 でも、ソラに説明されて納得した。百万貨しか持ってない人が、十万貨使って、十万貨税金を持っていかれたら、八十万貨しか残らない。でも、一億貨持っていたら、十万貨使うところを百万貨使っても、全体から見たら、微々たる違いにしかならないでしょって。そうか。わたしって、そんな桁外けたはずれの金持ちだったのか。


 ありがとう、ご先祖様方。わたしのご先祖ってわけじゃないけど。ショコラの代わりに、有難く使わせていただきます。

 でもさ。嬉しい、助かると思う一方で、後ろめたいというか、詐欺を働いてるような罪悪感もあるんだよね。この私有財産って、本当に、わたしが貰っちゃっていいものなの? よく、あのぼったくり外帝陛下が許したよね。


 ソラいわく、有効活用してくれればいいんだって。もし、わたしが、ショコラの身体を引き継いでなかったら、マーヤ家系が断絶して、その財産分与を巡る争奪戦が勃発ぼっぱつするところだったみたい。経済は恐慌きょうこう状態におちいるし、下手すれば、帝竜国が滅亡しかねないほど深刻なんだとか。

 ぞっとするね。もし、わたしが、娘を産まずに死ねば、同じことが起きるってことだもん。好きな人と結婚できないなら独身でいいだの、子供を産むのは当人の自由だのと言えるような状況じゃないよ。ものすごく責任重大なんだ、血を継いでいくってことが。竜眼族の人口を増やすって義務だけじゃすまなかったのか。


 いや、これは、今の話に関係ない。ロムナンの話に戻そう。

 ともかく、わたしは、財産を有効活用すべく、管財人を通して、ロムナンが成人するまでの生活費を出してあげることにしたの。正確に言うと、生活費は貸すけど、相続税はそっくり肩代わりするということ。裕福な母親が、父方が貧しい息子や障害を持つ子を援助するときに使う方法で、王族同士であるなら、法的に認められてるらしいのよ。まぁ、帝家としては、相続税がどこから入ろうと、同額払ってもらえれば、構わないってことよね。


 無期限無利子の貸し付けだから、最悪、返されない場合もある。ロムナンが亡くなったときに、私有財産が残っていれば、清算されることになるけど。わたしが、早死にしたら、その時点で、援助はストップされちゃうから、ロムナンより、長生きしないとね。できれば、自立できるようになって欲しいから、そのための教育費は惜しまないよ。


 今は、そう割り切ることにしたの。すっぱりと。元々、わたしのお金じゃないんだし、困ってる人を助けるくらいいいじゃないの。まぁ、ロムナンは、自分が困っているという意識すら持ってないんだけどさ。『お姉さま』に立候補してなった以上、面倒みるしかないわよ。もう、こうなったら、とことんやってやるーっ!



「外国の宮家と言えど、サルトーロ様も、王族ですから、竜気量は多い方です。お会いになっても、さほどの危険はないと思われますが、【攻撃波】は、お控えいただく必要があります。【防御波】でしたら、問題がないかと……」

 オランダスの声に、わたしは、現実に引き戻された。えっと、何だっけ?

 そうそう、癇癪かんしゃく王子に会っていいかどうか、質問したんだっけね。答えが返ってくるまで、ずいぶん時間がかかったんじゃない、オランダス? それほど、悩むようなことなわけ? さほどの危険はないって、言い換えれば、多少の危険はあるって意味だよね。


「防御するほどの危険があるということですか? わたくしの方に?」

 自慢じゃないが、わたしの竜気は強い。ロムナンより、はるかに強いんだよ。そんじょそこいらの幼児に攻撃されても、びくともしないはず。それとも、わたしが負けるほど、強い王子様ってこと?


「私も直接お会いしたことはないので、情報として知っているだけなのですが、サルトーロ様は、念動力者ねんどうりょくしゃなのだそうです。癇癪を起されると、周りにある物を飛ばされることが多いと伺っておりまして」

 【念動】か。それなら、話は別かも。単純な竜気勝負と違うもんね。刃物が飛んできたり、重い物を落とされたり、物理攻撃を受けるとしたら、確かに、【防御波】でバリアをかけておく方が安全だね。でも、今日は、領巾ひれを持ってきてないんだけど。補助防具なしで、うまく、バリアを張れるかなぁ。


 ちょっとばかり不安に思いつつも、念動力を使うところは見てみたい気がする。【心話】とか【翻訳】も、七門系の神通力だけど、目に見えるものじゃないし、【転移】のときは、自分の目が見えなくなっていて、後から聞かされただけだったしさ。竜気が神通力に変換されると、どんなことができるのか、そりゃ、興味はあるよ。テレキネシスって、SFでもポピュラーな超能力だもんね。近くで、本物が見られると思ったら、ワクワクしてきても当然じゃない?


「それでは、中に入りましょう、オランダス。何を騒いでいるのか、確認しなければなりませんものね」

 大義名分を掲げ、身の周りに【防御波】を流しながら、わたしは、竜舎へ向かって歩き始めた。オランダスは、わたしの後ろにぴったりくっついてくる。


 こういう場合、護衛って、先に入って、安全確認するものだと思っていたんだけどね。ほら、洋画によく出てくるじゃない。ボディガードが、ドアの前で、「下がって」とか言いながら、護衛対象を後ろにかばって、ピストルを構える場面が。それで、危険がないと判断してから、「どうぞ、お入り下さい」となるでしょ。


 ところが、帝竜国の常識は違う。竜眼族は、身分が高いほど、竜気が強いものだから、そもそも、貴族の護衛が、王族にかなうわけがないのね。銃弾と違って、【攻撃波】が飛んできた場合、身をていしたところで、防げるわけでもないしさ。かえって、視界をさえぎる方がまずいの。防御がしにくいし、反撃するのも遅れてしまうことになるから。


 だから、護衛は、護衛対象者の背後で、竜眼の死角を守るのが基本。あとは、倒れたときに、安全な場所まで運びだすこと。まぁ、自分も一緒に倒されなければ、の話だけど。そのときは、身につけている携帯発信器(わたしが、金貨3枚出して買ったのと同じタイプ)を使って、帝竜軍に緊急連絡が行くことになってるらしい。王族は、国の財産という扱いなんだってさ。



「サルトーロ様、おやめ下さい! その方も、王族なのですよ!」

 ミロノフ調教師の叫び声が聞こえてきて、足を速めたわたしは、石につまづき転びそうになった。すかさず、後ろから、オランダスの手が伸びて、支えてくれたけど。この、走れば転ぶ幼児体型は、実に不便なのだよ。そろそろ、体育のお勉強もするべきなんじゃないのかな。


「うそを申すな。さように小汚こぎたない王族がおるものか」

 小汚い王族と言えば、ロムナンしかいない。確かに、あの子、王族には見えないよな。定期的にお風呂に入れてるから、最初の頃よりは、マシになったものの、スケ婆に年中しがみついてるせいで、服は泥だらけで、すぐにボロ雑巾になるんだもん。おい、それ、わたしが、買ってやってるんだよ。もっと大事にしろって。

 いや、経済観念を持たせるのは、あとでもいい。衛生観念を植えつけるのが先決問題だ。いやいや、そんなことより、今は、地雷を踏みかけてるお子様をどうにかしなくちゃならない。こっちが先。とにかく先。


 おーい、ロムナン、絶対に、攻撃するんじゃないぞぉ。人を傷つけたら駄目だって、教えたよな? 覚えてるよな? 同族殺しになっちゃったら、お姉さまにも、庇いきれないんだよ。小うるさい餓鬼なんか、気にしないで放っておこう。いいね? わかったね? ほんと、頼むよ、ロムナン。お願いだから……。


「嘘など申しておりません。それに、テリーの主人は、既に決まったのです。何度も、お話しいたしましたでしょう? もう、こちらの竜舎は、ショコラ様のものなのだと。ショコラ様の許可がない限り、サルトーロ様は、お入りになってはならないのですよ。どうか、お帰りになって下さい」

 そうとも。テリーも竜舎も、わたしのものなんだよ。関係者以外は立ち入り禁止なの。部外者は、出て行っとくれ。ロムナンの【攻撃波】を食らう前に。

「うそだ。テリーが、我以外の者になつくはずがない。その竜は、我のものだ!」

 サルトーロ王子が叫び返したとき、わたしは、やっとのことで、竜舎の出入り口に着いた。


 そして、目の前の光景に、怒りが一瞬で沸騰し、赤毛の幼児を怒鳴りつけていた。『憤怒ふんど』の竜気をまき散らしながら。

「うちの弟に、なにすんのよーっ、このクソ餓鬼がぁ! 高額の損害賠償を請求してやるからなーっ! 覚悟しやがれよぉ」



 王族らしからぬ雄たけびは、幸いにして、ロムナン以外の人の記憶に残ることはございませんでした。(ロムナンは、話せないので、セーフであります。)


 何故ならば、わたくしの鉄拳竜気てっけんりゅうきにあてられて、他の方々は、気絶したからでございます。怒りの標的であったサルトーロ王子はもちろん、その場にいたミロノフやオランダスも含めて。


 その結果、緊急連絡を受けた帝竜軍が出動する騒ぎとなりまして、わたくしは、ぼったくり外帝陛下より、その費用も払わされる羽目になったのでございました。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます