マシュマロターン

作者 百谷シカ

154

55人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

女性同士の恋愛。繊細な描写で、揺れ動く気持ちが紡がれていって、最後は読んでいるこちらも幸せになってしまう、そんな作品です。

楽しみにしていたデザートのように、一気に読み切るにはもったいなくてちょこちょこ読ませていただいていました🍰

皆様も是非、お読みください。

★★★ Excellent!!!

社会人のお姉さんが、通勤電車で見かけた年下の社会人の女の子に一目惚れしてしまうお話。
どうにかして知り合いになろうという行動力がすごいし、知り合いになってからの行動力もすごい。
それでいて、知り合って親しくなっていく過程と変化が、すごく良くて、尊くて、ドキドキします(語彙力が足りない)

シリアスな部分もあったりしますが、主人公の行動力と愛の力(下心込み)が、この先どこまで押し通っていくのかが非常に楽しみです。

★★★ Excellent!!!

主人公の沙橙ちゃんが肉食系で、積極的かつ大胆にヒロインの琉栞ちゃんと距離を詰めていくのが、ヒヤヒヤするけど見ていて楽しいです!

愛が深くてドジっ子な沙燈ちゃん。真面目で面倒見の良い琉栞ちゃん。それぞれに魅力があり、物語もテンポ良く進んでいくのでスルスル読めました!

作者が女性なだけに服や化粧等の描写が丁寧ですし、百合好きな方は是非目を通してほしい作品です!

★★★ Excellent!!!

恋を忘れた人は、この話を読んで何とも言えない気持ちになるだろう。
「こんな恋がしたかった」
「こんな出会いが欲しかった」
誰でも妄想したことのあるシチュエーションをGLという形で、描いている。
でも、出会いは電車の中。
ふとしたことで、二人が出会う。
女の子が内なる願望を抑え込んだり、名前を聞き忘れたり。
胸が熱くなったり、もどかしさで落ち着かなくなったり。
恋を読者に想い描かせてくれる。

しかも、極めつけは女性が百合を描いているのだから、ある意味で説得力が最高峰なのである。
何というか、くっついたり、離れたり、って感じのイメージの話なんだけど。
もどかしい恋が一番、恋愛らしいのかな。と、考えてしまう今日この頃。
だけど、このレビューを書いているのは、まだ三話目。
この先、二人がどう発展していくのか、見守っていきたい。

百合小説が好きな方。または、興味のある方には、是非ともご覧になってほしい。