★幕間のご挨拶★

作者の冨井春義です。拙作「サイキック」をお読みいただき、ありがとうございます。


さて作者である私は当然ですが、この事件の隠された秘密と物語の結末を知っています。


しかし現時点では、警察の山科警部補、S.S.R.Iの田村所長、そして宮下真奈美はまだ事件の本質に気づいていません。


今、表面に見えている連続殺人事件、そして安田首相の殺人予告はこの事件の氷山の一角に過ぎませんでした。


ここに稀代のサイキック探偵・御影純一が捜査に加わったことで、物語は新たな局面を迎えます。


しかし、その御影ですらまだこの事件に秘められた真の恐怖には微塵も気づいていないのです。


敵は彼らの想像を超えた恐るべき怪物でした。人の感情を持たず、欲望のままに人を喰い散らす怪物です。


そして怪物はその凶眼で常に捜査陣の行動を見透かしていて、嘲笑っています。


怪物はこの物語の端々に姿を現し、読者の眼前でその力の一端を見せることでしょう。


しかし怪物が禍々しい本性を見せるのは、物語の終盤になります。


怪物が主人公たち、そして読者の前におぞましい真の姿を現すその時が訪れる前に。


作者である私はふたたび登場して、ミステリイ世界に伝統ある『あのページ』を差し挟みたいと考えています。


では次にお目にかかりますその時まで物語のつづきををお楽しみください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る