魔人に就職しました。

ミネラル・ウィンター

第0話 はじまり


あれは、最上 悟が中学3年・・・最後の終業式しゅうぎょうしきの帰りの時だった。






その日は終業式だった為、午前中に帰路きろに着く事ができた。俺の家に帰るまでには1つ、坂道を通らなければいけない。これがなかなか急な坂で、車は通れない様な細い道だ。そんな見慣みなれた帰り道をいつも通り進むと、急に声に声が聞こえた。



「まぁ・・・お主でいいか」



急に人の声が聞こえた。その声は老人の様な声でどこかしぶみとおもみのある声だった。俺は反射的はんしゃてきに声の発生源はっせいげんであろう方向に振り向いた。

しかしそこには誰もおらず、辺りを見渡みわたしても自分以外に人はいなかった。


少し考えたが、俺は空耳そらみみか何かだと思い再びを進めた。



「こっちじゃ」



歩を進めた瞬間しゅんかん。次は自分の真後まうしろから先ほどと同じ声が聞こえた。またも反射的に振り返るがそこには誰もいなかった。


しかし次の瞬間、背後から身の毛のよだつ様な異常いじょう気配けはいおそわれて俺の意識いしきり取られた。









目を覚ますと俺は建物の中にいた。いの一番に自分の家だと思ったが、そこは自分の家ではなかった。だが、生活感せいかつかんがあるのでどこかの誰かの家であることは間違いないだろう。今時めずしいかなり年季ねんきの入った木造の家のようだ。

混乱こんらんしつつも辺りを見渡す、しかし人の影はなく、また物音ものおともしない。ここの家の人は外にでも出てるのかと思い、俺は外に出るべく玄関げんかんに向かった。



―――ガラッ



俺が玄関に向かうとちょうど玄関が開き、老人が現れた。その老人は少し長身で白髪しらがであり、みた感じは歳の割に元気な何処どこにでもいるおじいちゃんだった。1つ気になる特徴とくちょうを上げるとするなら両腕りょううでにすでにふさがった古い傷跡きずあとがいくつもあった事だ。



「おお、起きたか」



玄関から入ってきた老人は一言だけ発するとそのまま家に入り、適当てきとうな場所に座った。俺もこの謎の状況の説明が聞けると思って対面たいめんするように座り込んだ。



「お主には殺刀気真流さっとうきしんりゅういでもらう」



突然とつぜん、老人から意味不明な事を言われた。

「は?」とつい口かられてしまった。何とか理解しようと頭を回していると、そのまま老人の話が続いた。



「ワシには子が居なくてのぉ、居たら自分の子に継いで貰う方がよかったんじゃが。継ぐものが居ない事も、子が居ない事にも気付いたのが昨日だったんでのぉ、もう手遅れじゃった。

だからお主を誘拐ゆうかいしてきたんじゃ、殺刀気真流を継いで貰おうと思うてのぉ」


「・・・・・」



聞いている俺の心なかでは「なに言ってんだこいつ」と言うセリフで溢れていた。

聞き終わって渋々しぶしぶ頭の中で話を整理せいりしていく。


つまりこの老人は、何かしら後を継がせたい事があるが自分に子供は居ない為、継がせる事は出来ない。だから誘拐して、そいつに継いでもらおう。という事だろう。


整理して理解したが、やはり「なに言ってんだこいつ」というセリフが頭の中からなくなることはなかった。



「とりあえず、帰りますね」



そう言って俺は普通に外に出た。場所はかなり山奥やまおくのようだ。しかし遠目に街が見えたので、帰れそうではあった。後ろを見て見るが特に追いかけてくる様子はなかったので俺は少し安心して山を降りることにした。









「やはり、あのじじいはボケを拗らせてしまったのだろう。可哀想かわいそうに。将来しょうらい歳を取ってもあんな風にボケたくないな」



歳を取る事に恐怖を覚えながら、俺は山を降りていた。かなり降りてきたと思ったがまだ山の中だ。



「はぁ、少ししんどいな。・・・あのじじい」



特に鍛えたりしてない男子中学生であった俺には少々しょうしょう厳しいようだった。そしてこの原因げんいんを作った人物。先ほど哀れに思ったじじいに対して怒りが込み上げてくる。


しばらくと歩いているとある動物に出くわした。



―――フゴッ



出会ったのはイノシシだった。黒色の毛皮で覆われており、口からは牙がチラリと見える事を考えると豚とは別の種類しゅるいの生き物だとよく分かる。



「へえーイノシシいるのか」



俺はその辺に野良のら猫を見つけた感覚だった。


別にイノシシが怖くない訳ではない。確かにイノシシに襲われたら恐ろしい、突進とっしんしてきたら命がなくなってもおかしくはない。そう考えると、とても怖い。だが、襲われたらの話しだ。それは犬や猫でも同じだと思っている。犬や猫だって急所きゅうしょを噛みつかれ食いちぎられたらでもしたら人間は簡単に絶命するだろう。

つまり何が言いたいのかと言うと。


襲われたら怖い。襲われなければ怖くない。


簡単に言うとこういう事だ。別に自分に害が無いのなら恐怖する意味も必要もない。昔から、自分のこういう所とか他とはズレてる事を理解していた。でも、嫌いではなかった。むしろ自分の好き所の1つなのだろう。



俺はイノシシに構うことなく、横を通りすぎた。



―――ザシュッ



瞬間、イノシシの頭が吹っ飛んだ。



「うおぁ!」



突然のグロテスクな出来事に驚いた。

何がどうして突然頭が吹っ飛ぶなんて怪奇現象かいきげんしょうが起こるのだろうか。そんな事を考えていると、答えらしきものがやって来た。



「ふぉっふぉっふぉっ。今夜はイノシシじゃな」



さっきの老人だ。しかし、先ほどと違うのは刀を持っている所だ。イノシシを切ったと思われるその刀身はかがみのようにキレイで辺りの風景ふうけいを写し出しているように見え、俺は一瞬見惚みほれてしまった。



「さて、戻るぞ」



俺が刀に見惚れていると老人は片手で切ったイノシシのあしを掴み、胴体を持ち上げた。

そして、もう片方の手は俺の後ろえりを掴んでいた。



「おおい!」



俺はそれに対して抗議こうぎの声を上げるがもう遅かった。俺は信じられない力で持ち上げられて降りてきた山道を、俺が降りてきた10倍は早い速度で上がっていった。掴まれた俺には車で高速道路を走っているように周りの景色が動いていった。



その日、結局俺は家に帰れなかった。

晩飯のイノシシ鍋は意外と美味だった。















あれから約10年がたった。

最初の内は自宅に帰ろうとしていたが、初日のように毎度毎度連れ戻されるため俺は帰宅を諦めた。

両親についても最初は心配してるだろうな程度には思っていた。だが、今ではほとんど気にしてない。時の流れは恐ろしいものだ。


約10年間、俺はじじいの言う殺刀気真流を継ぐため頑張らさせられた。

簡単に言うと殺刀気真流は剣術けんじゅつ流派りゅうはである。

何でもじじいが考案したらしい。


人は元より何故か気配を感じる事が出来る。人の視線だったり、人そのものの気配だったり、向けられる殺意だったりだ。そこに目をつけたじじいは人が一番感じる事が出来る気配――殺気さっき――に重点じゅうてんを置いた剣術を考案こうあんした。


殺気で切り、殺気で真実しんじつまどわし、殺気でころす。


それが殺刀気真流。

俺はそんな剣術をマスターしつつある。


思い返せばこの10年色々あった。

筋トレから始まり、晩飯の動物を狩ったり、指名手配中の達人と殺し合いをさせられた事もあった。流石に「金がなくなったから死合いにいくぞ」と言われて連れ出され、指名手配中の双槍の達人と殺し合いをさせられた時は本気でじじいを暗殺しようと思った。まぁ実行はしたものの失敗に終わったが。



そして今、俺は全て元凶であるじじいと対面している。お互いに刀を持ち殺気が立ち込めている。



「では、見事ワシを倒せたら免許皆伝めんきょかいでんと認めてやろう」



「ああ、あの約束守れよ。じじい」



たがいに一言だけ言葉を交わし、構える。



これより師弟していによる全力の試合が行われる事となる。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます