きよじろうの魂のつぶやき

作者 きよじろう

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第4話 魚と畑の攻防へのコメント

    生きている 世界は臭い だから良い

    私は匂いフェチじゃないですよ(笑)

    作者からの返信

    @valota666さま

    そうですよね^^

    生きているものは全て固有の匂いしますもんね^^

    人間も「なまもの」なので同じだと思います(笑)

    わたしは。。。

    匂いに敏感です^^\

    2019年6月27日 21:01

  • 第13話 どっちもイヤですへのコメント

    だまされて 毛布一つを 貢馬鹿

    おれは死ぬから弟に毛布残したい と言う言葉を騙されてみたかった

    作者からの返信

    @valota666さま

    @valota666さまのエピソード
    本当だったと
    信じたいですね。。。

    もし仮に
    騙しだとしたら

    全く同じ状況で本当に困っている人まで
    オオカミ少年のように信じて貰えなくなりそうで心配です

    疑心暗鬼の連鎖ではなく
    善意の輪が広がる世界
    であって欲しいと切望します

    2019年6月26日 23:06

  • 第44話 苦しいときへのコメント

    ネパールに旅行した時死に掛けた物乞いの子がいた。
    食い物いるかと言ったら
    「毛布ほしい」
    とねだる

     布きれひとつ渡すと
    「これで弟に寒いといわせないでいられる」
    といってきた。

    願わくば私が騙されていることを

    作者からの返信

    @valota666さま

    切ないですね。。。

    わたしもその場に遭遇したら
    瞬間的に信じ込んでしまうと思います

    世界中には
    普通に日本で生きている分には
    想像も出来ない、思いつきもしない、
    生きることに必死な方々が多いのですよね。。。

    切ないです

    2019年6月26日 18:32

  • 第52話 カーニバルへのコメント

    金持ちはその料理を下々にちゃんと分け与えるために食べ方に配慮するのが美徳と印度の大君主の子孫を自称するオッチャンがいましたな。

    その横には弟妹達に残り物を融通してもらえる契約で働いている少年がいた。

    若かった私は善きと二三人分くらいならばと思っていたらガッツリやられました。

    まぁ、旅先での笑い話

    作者からの返信

    @valota666さま

    印度のオッチャンのお話
    ぱっと聞いた分には説得力ありますよね

    実際の仕組みが分かると
    印度の方々は生命力と生きる智慧が
    桁違いですね(驚)

    2019年6月26日 18:28

  • 第53話 グルメへのコメント

    居酒屋

    つ親父の手料理………

    美味しいんだけどね、

    つバイトのチャンネーのおかしぃ

    飲み込むのに一苦労(追記:完食した後医者に行きました。)

    つ見習い君の刺し盛り

    ノロわれました

    最後のは流石に………


    親っ父さん………料理教えてください。

    作者からの返信

    @valota666さま


    ノロいですか^^
    わたしも外食(その時は熟成肉ステーキでした)で
    いちどノロわれたことあります・・・

    保健所の調査員がヒアリングに来たりして
    大騒ぎでした(驚)

    2019年6月26日 18:23

  • 第55話 スピリチュアルへのコメント

    愛は哀ににて会いより阿保し?

    作者からの返信

    @valotta666さま

    スピリチュアルについては
    もちろん否定もしませんし批判もありません

    ただ、傾倒している方々を見ると
    「今、生きている、この現実」
    もとっても大切なんだけどなー、って思います

    2019年6月26日 18:19

  • 第59話 朝の漁港へのコメント

    港港でかわいがる動物が違って面白いんですよねぇ。

    猫だったりカモメだったり変わり種だとエイを餌付けしている所もありますし、

    作者からの返信

    @valotta666さま

    いつもコメントありがとうございます^^

    餌付け、前にテレビで見たことがあります
    その時は、おっきな鯛でした^^

    朝から港に集まる猫ちゃんや鳥達は
    本当にお魚が待ち遠しい鳴き声で鳴くんですよね

    2019年6月26日 18:16

  • 第59話 朝の漁港へのコメント

    (=^ェ^=)にゃー

    作者からの返信

    あいるさん

    にゃー^^
    です

    2019年6月26日 00:57

  • 第29話 弾圧へのコメント

    日本にいるとこのようなことをつい忘れてしまう。当たり前のことが当たり前ではないことに気付かされます。

    作者からの返信

    櫻子さん

    現在の地球では
    日本人が思う普通の生活が
    おくれない方々が数十億人単位でいるといいます

    胸が痛みます

    幾ばくかの寄付をずっとつづけることしか
    役に立てないことに
    無力さを感じます・・・

    2019年6月24日 00:59

  • 第23話 母なる地球へのコメント

    自然は再生する力があるので、その再生力を上回らないように一人一人の心掛けや再生可能エネルギーの技術促進が必要ですよね。

    作者からの返信

    櫻子さん

    地球の自然が回復不能になった時には
    ひとも住めなくなってしまうので

    利便性と環境負荷のバランスを真剣に
    実行に移す時が来ていると思います

    2019年6月24日 00:55

  • 第19話 今でも生きていますへのコメント

    真正面から人と対峙するのはとても労力がいることです。多くの人は適当に調子を合わせてやり過ごしてしまう。親が子供を育てる時に適当に調子を合わせる子育てをしたらどうなるでしょうか。この詩の方は、真剣にきよじろうさんの将来を考えてくれたのですね。

    作者からの返信

    櫻子さん

    真剣に真剣に私のことを考えてくれていたひとを
    幸せに出来なかった

    わたしの人生で最大の後悔のうちのひとつです・・・

    2019年6月24日 00:53

  • 第8話  後悔へのコメント

    私は墓前で亡くなった父に話しかけるようにしています!

    作者からの返信

    櫻子さん

    失ってから気づく事、後悔する事
    人生にはそういう場面多々ありますよね・・・

    2019年6月24日 00:51

  • 第56話 テイク オン ミーへのコメント

    音楽は理屈じゃないですね(*^^*)

    作者からの返信

    櫻子さん

    音の記憶は
    直接心に刻まれますね♪

    2019年6月24日 00:49

  • 第53話 グルメへのコメント

    きよじろうさんのために手料理を作ってくれる人が現れると良いですね(^_^)

    作者からの返信

    櫻子さん

    出来立ての暖かい手料理・・・
    久しく食べていないですね・・・

    2019年6月24日 00:49

  • 第52話 カーニバルへのコメント

    今度、トーマス ピケティの「21世紀の資本」を読んでみようと思っています。もう少し滑らかにお金が流れる社会にならないかな、と思います。葉っぱが重なり光に照らされているのを1日見ても飽きない、という人がなかなか幸せに生きられない社会です。

    作者からの返信

    櫻子さん

    ビケティさんの本は
    ここ300年続く西欧資本主義社会の歪を
    的確に分析しています

    これからは、根本的価値観の大転換があり
    「信用」と「他者とのつながりの広さ」
    が資本になる時代が来ると思っています

    2019年6月24日 00:48

  • 第47話 砂浜へのコメント

    これから来る夏を満喫できると良いですね♪

    作者からの返信

    櫻子さん

    人生で「夏」はあと何回過ごせるか
    大切に過ごしたいです

    2019年6月24日 00:45

  • 第34話 かわうそへのコメント

    近くの水族館にかわうそが仲間入りしたらしく、近々かわうそを見に行く予定です!
    本物のかわうそに会えると良いですね(˘ω˘ )

    作者からの返信

    櫻子さん

    本物のかわうそ!!
    いいですねー!

    2019年6月24日 00:45

  • 第57話 パパ活とママ活へのコメント

    きよじろうさん

    こんにちは♪

    元気かい?

    作者からの返信

    あいるさん

    元気です^^

    昨日は南の島の方々と4軒ハシゴして
    めちゃめちゃ楽しいお酒が飲めました♪

    2019年6月23日 19:09

  • 第38話 のら猫へのコメント

    (=^ェ^=)良いね♪

    作者からの返信

    あいるさん

    うちの近所ののら猫さん達は
    民家の正面玄関の前で堂々と寝ていたり
    駐車場の車の上や下で寝ていたり
    ひとを全く怖がりません

    優しい方々が多く住む南の島なので
    猫も人間に対して警戒心が少ないのだと
    思います^^

    2019年6月23日 19:16

  • 第34話 かわうそへのコメント

    なんか
    可愛い(笑)

    作者からの返信

    あいるさん

    おっさんなのにぬいぐるみ買ってしまい
    すみません^^\

    でも、かわうそはぬいぐるみでも本当にかわいいです^^

    2019年6月23日 19:12

  • 第28話 止まっているへのコメント

    魂は死ぬことがありますね。不幸なことに死んだことにも気づかずゾンビのように生き続けるのです。でも形のないものは可逆性があるとも信じています。再生を祈ります。

    作者からの返信

    櫻子 様

    ありがとうございます!
    再生を目指して、
    出来る範囲で日々精一杯生きています

    2019年6月18日 17:23

  • 第25話 恋へのコメント

    二度と戻らない、最初だけの大好き感は尊いものですね。恋の儚さや数年後に訪れるマンネリとした時間を知っているので凄く共感しました!

    作者からの返信

    櫻子 様

    過ぎ去った時間は
    戻らない
    儚いものですね

    2019年6月18日 17:22

  • 第21話 運命の人へのコメント

    運命の人と思って努力したことがありますが、どうにもならない力で結ばれことはありませんでした。運命の人とは何が起きても自然に結ばれてしまう人のことかもしれませんね。

    作者からの返信

    櫻子 様

    そういうこと、ありますね。。。
    こればかりは、もう目に見えない不思議な世界で
    予め決まっているのかもしれませんね

    2019年6月18日 17:21

  • 第16話 意識変換爆弾へのコメント

    今では脳内に直接特定の物質を注入したり、電気信号を与えることで性格を変える研究が進み、マウスでは成功事例も出ているそうですよ!意識変換爆弾も夢ではないかも。。。です。

    作者からの返信

    櫻子 様

    本当にそうですよね
    昨今のテクノロジーの進化のスピードを見ていると
    どんな事が実現しても不思議では無いですよね。。。

    2019年6月18日 17:19

  • 第11話 お散歩へのコメント

    雨上がりは色々な香りが立ち上りますよね、今は都市部に住んでいて自然の香りは皆無です。小さい頃、毎年訪れていた群馬の親戚の家に行くとこの詩のようにくんくんしていたのを思い出して穏やかで懐かしい気持ちになれました。

    作者からの返信

    櫻子 様

    今静養しているエリアは、キレイな海と豊富な自然があり、とても癒されます
    やはり自然の中にいると落ち着きますね

    2019年6月18日 17:18

  • 第21話 運命の人へのコメント

    運命の人に出会えると良いですね。(*^^*)

    作者からの返信

    桃もちみいか様

    ありがとうございます^^
    まずはともかく「ひと」と出会わないと
    と思っています(汗)

    2019年6月17日 00:59

  • 第3話 過去の栄光へのコメント

    前に向かって歩いて行く。
    良いですね。
    希望を感じます。
    夢を掴み取り、現実にしたいです。

    作者からの返信

    桃もちみいか様

    コメントありがとうございます^^
    前に向かって歩いていく、は
    半分は自分自身に言い聞かせています(汗)

    夢を掴み現実にする
    その通りですよね
    その為に人生みんな頑張れるのですよね

    2019年6月15日 17:47