第二話 魔女の遺跡

   

 野菜売りのレグ・ミナが、息子ファバの件で女占い師ゲルエイ・ドゥに相談を持ち掛けた日より、遡ること一週間。

 宴の月の第二十七、大地の日の夕方。

 騎士学院の校舎から、似たような格好の若者たちが、たくさん吐き出されてきた。学院での一日が終わり、家に帰るところなのだ。

 学生である彼らは、まだ一人前の騎士ではないが、一応、鎧と剣を身につけている。正式な騎士鎧と比べたら貧弱な装備だが、それでも、誰が見ても「将来は立派な騎士として活躍するはずの若者」とわかるような外見をしていた。

 ファバ・ミナも、そんな鎧姿の少年たちの一人だったが……。騎士学院の建物を出たところで、後ろからの声に呼び止められた。

「よう、ファバ! そんなに急いで、どこへ行く?」

 聞き慣れた声だ。あまり気が進まないが、無視するわけにもいかず、ファバは振り返る。

「やあ、みんな」

 適当な言葉を口にするファバ。彼を呼び止めたのは、三人の級友だった。

 がっしりとした体つきのリーダー格と、これで騎士になれるのかというくらいヒョロリと痩せた仲間と、体つきは中肉中背だが性格的に腰巾着な子分。

 フィリウス・ラテスと、グラーチ・シーンと、ブラン・ディーリ。

 声から予想した通りの三人だった。それを確認してから、ファバは、先ほどの質問に答える。

「僕は、普通に家へ帰るところだよ。特に用事がないなら、まっすぐ帰るべきだから……」

 そう言いながらも、ファバは思う。

 この三人につかまったということは、どうせ素直に帰らせてはもらえないのだろうな、と。


 ファバも含めた四人は、仲良し四人組として、周りの目には映っているかもしれない。だが、それは事実とは異なっており、むしろファバは、フィリウスたち三人を苦手にしているくらいだった。

 そもそもファバは、野菜売りの家に生まれた庶民であり、厳しい入学試験を経て騎士学院に入ってきた一般組だ。一方、フィリウスとグラーチとブランの三人は、他の多くの学生たちと同様に騎士階級の人間であり、その身分ゆえに入学を許された者たちだった。

 四人一緒に行動している時でも、ファバは生まれも育ちも違うということで、他の三人から見下みくだされることが多い。一般組が騎士の子弟と行動を共にすれば、ある意味、自然な話だろう。だから一般組の生徒たちは、一般組同士で固まることが多いのだが……。

 クラスの中でファバは、他の一般組とも馴染めないでいた。自分は一般組の生徒たちともどこか違う、という感覚が常に心の中にあったのだ。

 ファバだって、他の一般組と同じく、実技も筆記も優秀だ。だが、何かが足りない……。最初はわからなかったが、しばらく騎士学院で過ごすうちに、彼は気づいた。自分には強靭な意志というものが欠けているのだ、と。

 最近のファバは「騎士に必要なのは、剣の腕前でも明晰な頭脳でもなく、強い精神力ではないだろうか」と考えるようになっていた。そして、それこそが自分に足りないポイントだと、はっきり自覚していた。

 父親の願望に従って騎士学院に入ってきたファバとは違い、他の一般組は「絶対に騎士になりたい!」という強い気持ちを持っている。だから、たとえ騎士の家柄の者から馬鹿にされようが虐げられようが、一向に意に介さないように見えた。何かあっても、彼らは「あんな連中に構っている暇はない」と言わんばかりに、ひたすら勉学に励むのだった。

 その点、ファバは違う。良く言えばおとなしい、悪く言えば弱気な性格のため、騎士階級の者から頼まれたり誘われたりしたら、なかなか断れない。そうこうしているうちに、いつのまにか、フィリウスたちと行動を共にするようになっていた。

 そして今日も、帰り際に、いつもの三人に絡まれたわけで……。


「ああ、家に帰るのか。じゃあ早く帰れ」

 フィリウスの口から飛び出したのは、ファバの予想とは全く逆の言葉だった。

 だがフィリウスも、その後ろの二人も、何やら企んでいるようで、ニヤニヤしている。

 本当に自分は、あっさり解放してもらえるのだろうか……。ファバが警戒していると、フィリウスが、まるでオマケのような軽い感じで、言葉を付け加えた。

「でも、その代わり……。今晩、俺たちに付き合えよ」

 続いて、

「フィリウスが誘っているのだから、断ったりしないよな? 僕たちと遊ぶよな?」

「フィリウス様の話を断るなんて、そんな大それた真似、ファバには出来ないだろう?」

 グラーチとブランも、念を押すようなことを言い出す。

 しかし二人の言葉は、ファバの耳には入っていなかった。フィリウスの「今晩、付き合えよ」という台詞を聞いた途端、ファバは色々と考えてしまったからだ。「楽しいところへ連れていってもらえるかもしれない」という想像で、ファバの頭の中はバラ色になっていたのだ。


 ファバが以前にフィリウス自身から聞かされた話と、級友たちの噂話とを合わせると……。

 フィリウスの家は、サウザの街で代々続く騎士の名門らしい。そのため、父親から「騎士は日頃から騎士として恥ずかしくない生活をするべきだ」と厳しく育てられてきた。そして家庭で窮屈な思いをしているせいか、フィリウスは、騎士学院で憂さ晴らしをしていた。弱い立場の者を虐げる、問題児だったのだ。もちろん、大きな問題を起こして家庭に報告されれば、厳重に叱責されることになるから、そうならない程度に加減もしているようだった。

 そんなフィリウスが、弱い者いじめとは別に、少し前から始めた息抜きがある。

 夜遊びだった。

 それも、子供の夜遊びではない。大人の夜遊びだ。まだ騎士学院の学生という身分でありながら、大人が通うような夜の店に、頻繁に出入りしているのだ。

 普通ならば子供が入ったら相手にされず、むしろ追い出されるような店でも、フィリウスは「騎士の名門の家柄」というステータスのおかげで、一人前の大人と同じように扱ってもらえる――遊ばせてもらえる――のだという。

 この習慣を父親に知られた時、フィリウスは当然のように、こっぴどく叱られたのだが……。

「俺は、あなたの若い頃に倣っているだけです。俺が尊敬する騎士である、あなた自身の行動に」

 そのようにフィリウスが反論したら、父親は黙ってしまったのだという。


 フィリウスの父親アリカム・ラテスは現在、都市警備騎士団で隊長職をやっており、騎士団の中では真面目な堅物として通っている。しかし若い頃は『堅物』とは真逆まぎゃくであり、むしろプレイボーイと言われていたそうだ。

 騎士学院に通っていた少年時代も、アリカムは、かなり遊び歩いていたが、それでも大人たちの受けは良かった。遊んで怠けているようには思われず、むしろ「学ぶときは学び、遊ぶときは遊ぶという、切り替えの出来る人間」と評価されていたのだ。

 騎士団に入ってからもアリカムは、職場から離れたプライベートでは、女遊びが激しかったらしい。夜の酒場で知り合った若い娘を娶ることになったのも、その一例だろう。

 フィリウスは、両親の年齢がかなり離れていることから色々と辿って、こうした事情をいくらか探り出している。それを持ち出すことでフィリウスは、自分の夜遊びを父親に黙認させたのだった。


 この話を聞いて、ファバが最も興味を持ったのは、フィリウスの両親の出会いのエピソードだ。ファバは「夜の街には男女の出会いがある」というイメージを持ってしまったのだ。特に「夜の街で知り合うような女性が相手なら、騎士というだけでモテるのではないか」と考えてしまった。

 おとなしいファバだが、思春期の少年なので、色恋には人並みの興味がある。もちろん騎士学院には、貴族の息子だけでなく娘も存在しているが、彼女たちは一般組の男なんて相手にするはずもなかった。また、一般組の女子たちは「男女交際なんて時間の無駄」という態度だから、これもファバと恋愛関係に発展する可能性は皆無だ。

 そんな自分でも、夜の街ならば、騎士学院に通うというだけでアドバンテージになり、女の子が寄ってくるかもしれない……。ファバは、そんなふうに夢想することもあったので、フィリウスの夜遊びの話を、いつも羨ましく思いながら聞いていた。

 そう。

 まだファバは、フィリウスの夜遊びには、誘ってもらったことがなかったのだ。

 これまでフィリウスは、一人で夜の店に出向くことや、グラーチとブランを連れて三人で行くことはあっても、庶民のファバを同行させることはなかった。

 しかし。

 今晩、ようやく連れていってもらえる……!

 ファバは、思わず頬が緩むのを感じた。


「今晩……。うん、わかった。フィリウスが誘ってくれるなら、僕も行くよ。うちは夜寝るのが早いから、本当はダメなんだけど……」

 あまり「喜んで!」と飛びつくような態度を見せるのも、少し照れくさい。だからファバは「気が進まないが」という感じを装った。ファバの家は、野菜売りで生計を立てているせいか、一般的な家庭よりも早寝早起きだ。それを口実として述べてみたのだった。

「いいじゃねえか、ファバ。親父が早く寝るなら、寝静まった後でこっそり抜け出すのも、かえって簡単だろう?」

「そうだね。フィリウスの言う通りかもしれない」

 ファバの返事を聞いて、フィリウスも他の二人もニヤニヤしている。どう口で取り繕おうが、自分の本心は彼らに筒抜けらしい、とフィリウスは感じる。

「じゃあ、話は決まりだ。現地集合だぞ。今晩十時に『魔女の遺跡』に集まって……」

「えっ、現地集合?」

 思わず聞き返すファバ。

 そうした店には初めて行くのだから、ファバには、場所なんてわからないのだ。

 これは困った。

 いや、もしかすると、ここでファバが困惑する様子を見せたら、フィリウスたちの思う壺なのかもしれない。ファバだけ店に辿り着けずに迷子になるさまを笑おうという魂胆なのかもしれない……。

 一瞬のうちに、ファバは、そんなことを考えた。

 それに対して、フィリウスは、少し不思議そうな顔を見せる。

「あれ? ファバだって『魔女の遺跡』の場所くらい、知ってるよな? 有名な話だから」

 いやいや、大人の世界では有名な店なのだとしても、そういうのに縁遠い自分には……。そこまで考えたところで、ファバは、ふと気がついた。確かに、先ほどのフィリウスの発言の中には、聞き覚えのある名前が出ていたことに。

「……え? 『魔女の遺跡』だって?」

 聞き返すファバに対して、グラーチとブランが即座に答える。

「そう、あの『魔女の遺跡』だ。南の街外れにある廃墟だ」

「お前だって、耳にしたことくらいあるだろう。心霊スポットとして、有名な場所だ」

 ファバは、ようやく理解した。

 これはフィリウスの『大人の夜遊び』とは違う、ということを。

 フィリウスたちが今晩やろうとしているのは、ただの肝試しだ、ということを。

 落胆の色がファバの顔に出てしまったようで、ブランが指摘する。

「ファバ、もしかして……。フィリウス様の馴染みの店に連れていってもらえる、とでも思っていたのか?」

 肯定も否定も出来ないファバを見て。

 三人は「もう我慢できない」という態度でゲラゲラと笑いだす。

 どうやら、最初からファバが誤解することも想定した上で、持ちかけた話だったようだ。


――――――――――――


 夜。

 言われた通りに、こっそりファバは家を抜け出して、約束した場所へと向かう。

 通称『魔女の遺跡』。

 街の南端にある、半壊した屋敷の跡地だ。

 この『魔女の遺跡』に関する逸話を、ファバは、グラーチから何度か聞かされていた。

 グラーチもフィリウスのように騎士階級の人間だが、グラーチの父親ポリトゥスは騎士団ではなく、街の行政府で働いている。街の政治に関する仕事であるため、グラーチは「僕の父は騎士団よりも偉い!」と思っているらしい。

 そんな父親の仕事の関係上、グラーチは四人の中で一番『魔女の遺跡』にも詳しいのだった。


 かつて、そこには、魔法使いの女が一人で住んでいた。彼女はサウザの都市行政府から委託されて、自宅で魔法研究に打ち込んでいた。近くに他の家も店もないような街外れに居を構えていたのも、研究所という側面があったかららしい。

 ほとんど自室にこもりきりで研究に打ち込む彼女には、近寄りがたい雰囲気もあったため、街の人々からは『魔女』という通り名で呼ばれていた。『魔女』が家を出る時は、食料品などの生活必需品を買いに行く時と、研究報告のために行政府へ出向く時だけだったのだが……。

 ある年の春。

 その『研究報告』の頻度が、以前とは比較にならないレベルに跳ね上がった。

 行政府に出入りする人々は、彼女について色々と噂する。

「なんだか、大変な研究が一つ、完成間近なようだぞ」

「いや、そうでもないらしい。研究自体は難しく、頻繁な報告の内容は、毎回あまり変化ないという話だ」

「では、なぜ、あんなに足繁く通うようになったのだ?」

「どうやら、目当ての男性がいるらしいぞ。その男性の顔を見たい一心で、通いつめているという噂だ」

「おいおい、あの『魔女』が色恋沙汰か? 今まで、そんな話とは無縁だったのに……」

「三十を大きく超えた今頃になって、ようやく色気づいたのだろう。しょせん『魔女』も女だったのさ」

「じゃあ『魔女』の研究成果も、あいつが独占するのかなあ」

 その『魔女』の相手として噂された男性は、まだ二十代の、将来有望な若手役人だった。人当たりも良く、年上からも年下からも好かれる男だ。女性から告白されることもあったし、それで付き合うこともあったが、なぜか長続きしない。しかも、付き合う相手は年上ばかりのため、同僚からは『年上フェチ』と呼ばれることもあった。

 今回、彼の名前が『魔女』の相手として挙がったのも、そんな彼の年上好みな恋愛遍歴が、一因だったのかもしれない。


 ある時、酒の席で、同僚の一人が尋ねてみた。

「なあ、お前……。『魔女』ってどう思う?」

「はあ?」

「ほら、最近、噂になってるだろ? あの『魔女』が、お前を……」

「ああ、あの話なら……」

 聞かれた『年上フェチ』は、少し嫌そうに答える。

「俺も最近『魔女』から熱い視線を感じるから、まんざら根も葉もない噂ってわけじゃなさそうだが……。でも、いくら俺が年上好きでも、さすがに『魔女』は相手したくないな」

 彼に言わせると。

 彼女の容姿に関しては、問題ない。今まで付き合った女たちの中には、ぽっちゃり女もいたし、スレンダーなタイプもいたが、それぞれに良さがあった。顔のルックスだって『魔女』は、特に可愛いわけではないが、別に不快な点もないから、十分に及第点だ。どうせ、どんな女でも、ベッドの中では、それなりに色っぽくなるのだから。女なんて、しょせん、そんなものだ。

「お前……」

 彼の女性観に対して、同僚は少し呆れてしまうが、気づかずに『年上フェチ』は続ける。

「でも『魔女』はダメだな。あの性格というか、雰囲気というか……。ジメジメした暗い感じが、生理的に受け付けない。あれが相手では、さすがの俺でも、身も心も萎えてしまう」

 人当たりの良い人物として通っているはずの『年上フェチ』の、思わぬ本音を聞いてしまった気がして、同僚は少し恐ろしくなった。酒の席での話として、全部、忘れようとも思った。


 ところが、しばらくして。

 また『魔女』の様子が変わった。行政府を訪れる頻度は変わらないのだが、見るからに「私は今、幸せです!」というオーラを身に纏うようになったのだ。

 一方、相手とされていた『年上フェチ』の方には、特に変わった様子も見当たらない。人々は、では噂は間違っていたのか、『魔女』の相手は別人だったのか、などと思ったが……。

 同僚が、また『年上フェチ』と飲みながら、酒の力を借りて直撃してみた。

「なあ、あの『魔女』の変化って何なんだ? 結局、お前、彼女の気持ちを受け入れたのか?」

「ああ、うん……」

 最初は口ごもっていた『年上フェチ』だが、何杯も酒を重ねるうちに、逆に口は軽くなったらしい。

「まあ結局『食わず嫌いは良くない』ってことだ。『食ってみたら案外イケる』なんてもんじゃない。ありゃあ、今まで抱いた女の中でも、かなりの上物だよ」

 ストレートな言い方だった。

 だが同僚も、以前の会話があっただけに、今度は驚いたり呆れたりはしない。黙って耳を傾ける。

「あいつ、本当に今まで研究一筋だったみたいで、あの年齢まで男を知らなかったんだ。若い生娘のような初々しさと、よく熟れた果実のような年増女の魅力……。両方を兼ね備えた、最高の抱き心地だったぜ」

「じゃあ、お前、あの『魔女』と真剣な付き合いを……」

「そんなわけあるか」

 それまではニヤけた顔をしていたのに、『年上フェチ』は表情を一変させて、言い切った。

「あくまでも、ベッドの中だけの付き合いだ。しかも俺、あいつを抱いた直後、いつも賢者タイムになるからなあ」

「賢者タイム……?」

「そう。ほら、ああいう行為の直後って、急に気持ちが冷める瞬間があるだろう? シャワーを浴びながら、いつも思うんだ。なんで俺『魔女』なんか抱いているんだろう、って」

 それから、さも一般論であるかのように、付け加える。

「こんな感じで直後に冷めてしまうのか、あるいは逆に、あたたかい気持ちで心が満たされるのか……。行為の後の気持ちって、相手に対する愛情の有無を示す、一番の物差しだよな」

 同意を求められても、同僚には理解できない感情だった。残念ながら、まだ彼には、女性経験がなかったのだから。

 それでも、わからないながらに心配になって、彼は『年上フェチ』に対して忠告する。

「大丈夫なのか? だいたい『魔女』に限らず、お前の相手は年上ばかりなのだから……。あんまり軽い気持ちで相手していると、いつか刺されるぞ。それこそ年増女なら、将来も考えた真剣な付き合いが必要だろう」

「おいおい、心配するなよ。さすがの俺も、シャワーからベッドに戻ったら、気持ちは切り替えるさ。あいつには俺の思ったことなんて見せないどころか、俺自体が本当に気分一新。場合によっては、シャワー中の考えなんて早くも頭から消えて、二回戦に突入することもあるくらいだぜ」

「いやいや、そんな話じゃなくて、真剣に将来を……」

「それも平気さ。どうせ『魔女』の方だって、今は男を知ったばかりで、快楽に溺れているだけだろう。それが恋愛感情とは違うことくらい、そのうち理解できるはずだ。ああ見えて『魔女』だって、大人の女性だからな」

 そう言って笑う『年上フェチ』だったが……。


 それから二ヶ月の後。

 ある朝『魔女』が、行政府に魔法通信を送りつけてきた。研究成果を実演してみせるから、なるべく多くの人を集めて欲しい、とのことだった。行政府まで直接『魔女』が報告に出向くのではなく、屋敷からの魔法通信という形になったのも、実演のための準備を彼女の屋敷で整えたからだという。

 そして。

 彼女の要望通り、大会議室に、多くの人々が集まった。その中には、彼女と噂になった『年上フェチ』や、彼を心配する同僚の姿もあった。

 大会議室に設置された魔法通信装置を通して、リアルタイムで『魔女』の屋敷から映像が送られてきて、正面の大スクリーンに映し出される。

 映像の中の『魔女』は、白装束で身を固めていた。黒っぽい服装を好む彼女にしては、珍しい格好だ。違和感を覚える人々もいる中で、まず彼女は形式的な挨拶をしてから、今回の研究課題に関して、こう切り出した。

「私が開発したのは、魔術を応用した呪術です。恨みを増幅して相手を呪い殺すような、新しい魔法です」

 会議室の面々がざわつく。行政府に委託されて研究するようなテーマではないからだ。『魔女』が私的に研究した魔法だろうし、わざわざ行政府に報告するような内容でもないと思われた。

 人々の動揺は無視するかのように、彼女のプレゼンテーションは続く。

「まず、人形を用意します。呪うべき相手の代替品です」

 そう言って彼女が持ち出したのは、木彫りの人形。土産物屋でも売っているような、ありふれた代物シロモノだ。

「ここに、強い恨みを込めます。具体例として、今回の私の場合、一人の人間を思い浮かべます。私の心の純情と体の純潔を踏みにじり、私を単なる遊び相手として捨てた男……。この人形が彼だと思って、強く恨み、呪います」

 その場の人々の視線が、ついつい『年上フェチ』に向いてしまう。彼は、なんとも居心地の悪そうな表情になっていた。

「この呪いを強くイメージしながら、次のように唱えます」

 映像の中で『魔女』は、ひとつ大きく深呼吸してから、呪文のような文言を口にし始めた。

「私はあなたを呪います……。呪い殺してやります……。ウト・マレディチェーレ・ティービー……。エゴ・テ・ネコ……。アルデント・イーニェ・フォルティシマム……」

 行政府には魔法を扱える者もいたし、自身は魔法を発動できなくても、魔法研究に間接的に携わる者もいた。だから会議室に集まった人々の中には、『魔女』の言葉の最後の部分「アルデント・イーニェ・フォルティシマム」が、超炎魔法カリディガの呪文詠唱であることに気づいた者も、結構いたらしい。

 しかし、それがわかっても、何らかの対応をするには、間に合わなかった。

 映像の中の『魔女』が、全身から火を吹いたのだ。たちまち火達磨となる『魔女』は、最期の言葉を告げる。

「さあ! これで呪いは完成した! 私がこの身を天に捧げることで、あなたも亡くなることが決まったのです! あと三日です! 三日のうちに、あなたも、きっと……」

 魔法通信で『魔女』は、自身の焼身自殺を見せつける形になったのだ。当然、会議室は大騒ぎとなる。

 映像の中で燃え盛る業火の音と、会議室に満ちた悲鳴に紛れて。

 死に際の『魔女』の言葉をはっきり聞き取れた者は、少なかったという。


 いくら『魔女』が「新しい魔法だ、呪いだ」と言い張っても、その『呪い』の成果が発揮されるまでは、誰も信じようとはしなかった。

 失恋で頭のおかしくなった彼女が、人々の見守る中で焼身自殺を図り、見事成功した……。人々は最初、そう認識していた。

 ところが。

 彼女の自殺事件の二日後、呪いの標的とされている『年上フェチ』が、突然の心臓発作で急死した。

 さらに。

 その後、亡くなった『魔女』の屋敷をおとずれた者たちが――事情があってたずねた場合であれ単なる野次馬根性で赴いた場合であれ――、事故や怪我といった災難に見舞われる、という事態が頻発した。

 これも『魔女』の呪いなのではないか。死に際の怨念が屋敷に強く残っているために、最初に呪いの対象だった男だけではなく、そこに足を踏み入れただけでも、呪いが感染してしまうのではないか……。そんな噂が出回るまで、それほど時間はかからなかった。

 こうして。

 彼女の屋敷は『魔女の遺跡』と呼ばれるようになり、彼女の焼身自殺に伴って焼け落ちた部分もそのままに、今でも朽ちかけた姿を保っているのだった。

   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます