だってクラシックファンなんだもん!

作者 如月芳美

52

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

クラシックって聞くと、何かこう、ちゃんと聴かなきゃ、みたいな格式高い感じするじゃないですか。正装しなくちゃ、みたいな。
日常的にお紅茶をたしなむようなね、スコーンとかね、そういうのを召し上がるような、っていうかね、そういう層が聴く音楽って言いますか。そんなイメージありません? ありませんか? いや、私はありました。
ピアノ習ってましたし、吹奏楽部にも所属していましたのでね、まったく聴かない人よりは、クラシックとは仲良くやれてたと思うんですけど、それでもちょっとノーブルな感じと言いますかね、そういうイメージ。

だけどね、ドラマや映画、バラエティ番組なんかのちょっとしたSE、それからCM。最近では家電製品のお知らせ音にまで、クラシックはあなたの身近なところに潜んでいるのです。そんなそんな肩ひじ張って聴くようなものでもないのです。名前は知らないけど、あー、これ知ってるーって曲、たーくさんあるんですよ。

そんな身近なクラシックのエッセイです。

タグを見てください。

『暮らしック』ですよ。
これ以上にぴったりな言葉ないですよ。

如月節の光る、平服OKのクラシックエッセイです。
肩の力を抜いて、ぜひぜひ。