”LINEノベル”の発表から紐解く、「小説」に期待されている事。

作者 橘 ミコト

89

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

LINEノベルの展開としてメディアミックスが主軸に置かれているというのは目からウロコでした。
うまく出版業界を動かすきっかけになってくれれば良いのですが、正直今の状況は期待を下回っているのが辛いですね…。

★★★ Excellent!!!

たくさんの記事を引用しつつ書かれている分析は、非常に読みごたえがあります。

小説投稿サイトが乱立している昨今。
作家として収益を得る道は、本当に書籍化しかないのか。
出版社はこれからどういった方向に舵をとっていくべきなのか。また、とってほしいのか。

そういった内容がわかりやすく書かれております。

「小説のこれから」が気になる方は、ぜひご一読を。

★★★ Excellent!!!

現在出版業界が抱える問題を紐解く素晴らしい作品。
そして、とても分かりやすい。
私達が分かる言葉に置き換えたり、噛み砕いたり、例えたりしてくれているからだ。

作品内で書かれている事は、とても大切で重要で、今後『作品を文字で書く』人にとっては身につけておきたい知識であり、頭に留めておきたい考えであると思う。
ここで要約して説明しても意味ないので、是非本編を読もう。

私自身『本が売れない!』と嘆く人達に違和感を感じるし、『何故これを書籍化するんだ……』と思う事も多い。

その答えの一片が、ここにはある。

今後、作家生活を目指す方々は是非読んでみて欲しい。