ACT.14 狼怪の転生者(Ⅴ)


▽▲▽


 その時ライは死を覚悟した。

 無論、ライの中でその光景を見ていた俺も覚悟した。

 だが、そんな時どうしようもなく悔しい思いがこみ上げた。

 自分の命が惜しい?

 ――いやそうじゃない。

 ライの命が、彼の運命がここで閉じるのを、惜しいと感じた。

 ずっと一番すぐそこで、生き様を見てきた。

 そして、もっと見ていたいと感じた。

 だからこそ、手を伸ばした。

 こんなところで終わるんじゃねぇ、上手く躱せと叫んだ。


 その時、俺は初めて、ライの身体の主導権を奪うことに成功した。



▽▲▽


「――え?」


 一瞬、なにが起こったのか俺はわからなかった。

 無論、ライもわかっていない。

 だが、確かにこの一瞬だけ俺たちは入れ替わった。

 そして、その一瞬で俺は読心の異能を使って全ての攻撃を躱しきった。

 肉体の主導権は再びライに移り、ライの思考に一瞬の空白が生まれる。

 

「――今!」


 しかし、ライは即座に覚醒し、前を見る。

 前には阻むものは居ない、転生者カズマの姿がはっきりと見えた。

 瞬間、ライの行動は早い。

 盾を捨て、剣を両手で握ると、カズマへ向かって全力で疾駆する。

 後ずさるカズマをその勢いのまま押し倒し、のど元に切っ先を突き付ける。

 それをカズマは両手で抑え、あらがおうとする。


「なんだよ、なんなんだよお前! 俺が何したっていうんだ!!」


 カズマは激高する。


 自らを襲う、この理不尽極まりない状況、理不尽の権化たる目の前の少年騎士に向って吠える。


「俺は、これからだったんだ!! あのクソ親も、クソみてぇな同級生も、クソまみれの社会も何もない! 何もない此処でやり直すんだ!!」


 その絶叫は、次第に涙声に変わっていく。


「俺は、今度こそ、自由に生きれるはずだったんだ! 誰にも指図されず、馬鹿にされず、苦しまずに生きれるはずだったんだ!! なんでお前、邪魔をするんだ!!」


「――そんなの、決まっている」


 ライは、さらに力を入れる。

 鍛えたライと、天性の才だけを頼りに生きてきた少年。

 力の差は、あまりにも歴然だった。


「お前の自由の為に、誰が犠牲になる! お前の願望の為に、誰が苦しむ! お前のその薄っぺらい理想の為に、誰が泣かなきゃならない!!」


 ぎりぎりと切っ先が、カズマの首に迫る。

 刀身を握りしめたカズマの手が、自分の血で滑る。


「僕は、そんなお前たちを許さない! 僕らの世界は、僕らだけのものだ。お前らのおもちゃ箱なんかじゃない!!」


 最後、渾身の力を込めて、ライは剣を押し込む。

 その切っ先は、カズマの喉に吸い込まれ、間もなく彼を絶命させた。



▽▲▽



「へー、やるじゃん」


 その様子を、物陰から見る影が一つ。

 影の正体は、この試練の監督役でもある、レオーネだった。

 先ほどの人造生物を手早く仕留めた彼女は、物陰から一部始終を観察していたのだ。


「覚悟、実力ともに申し分なし。うん、これなら私も満足だな」


 そういって破顔するレオーネは、その笑顔のまま、ライに駆け寄る。

 そしてこう伝えるのだ。


「おめでとう、ライ君。私から見たら君は100点満点! 合格だよ!」



 ライはその報告を、半ば放心状態で受け止めた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます