数日遅れの八月十五日

作者 七沢ゆきの