私の記憶はポンコツだ。

作者 砂竹洋