異世界でダンジョンのセーブポイントになりました

作者 空色蜻蛉

221

83人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

規格外な主人公がマイペースになんやかんやするのが読んでいて面白いです。
現実世界でも、異世界でも、どちらの自分も紛れもない自分自身である!って感じの流れが良いですね。
他のメンツも個性豊かでクセのある人種ばかり。
(特にアホの子多め)
ノリも良いのでサクッと読めちゃう作品ですよ。

★★★ Excellent!!!

良い意味でタイトル詐欺ですよね。
物語を読み進めると、え、あ、マジで?
そんな感じになるんかと奇想天外な展開にどんどんよんじゃいました。

文体もライトで読みやすく不思議な世界観に引き込まれて行きます。

私としましては続きが気になる所ですね。

異世界でダンジョンのセーブポイントになりました
オススメです

★★★ Excellent!!!

魔石に転生して、セーブポイントになって、町の待ち合わせ場所になって、神として崇められ、その後どうなるのかは、作品のあらすじに(この先は読んでのお楽しみ)とあるので、ぜひ読んでほしいです。私は「え?あぁ!そういう感じになるの!?」と思い、ぐいぐい話に引き込まれてしまいました。

ストーリーは当然のことながら、キャラも良く立っていて、この人誰だったっけ?みたいなものもなく、会話も楽しいです。

読みやすい行間だったり、分かりやすい言い回しだったり、すごく読みやすく、少年漫画を読んでいるような気さえします。ラノベの王道だがテンプレではない。今一番のおすすめです。